スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガイズ&ドールズ
明日で千秋楽の『ガイズ&ドールズ』。
レポを書けないままでいましたが、昨日がmy楽でした。

今回は最初の方、半ば、最後の方……と、理想的な形で観劇することが出来ました
以下、全体的な感想です。


まず最初に思ったのは、身長があるって良いなーということでした。笑。
衣装がスーツなので、博貴くらいの身長&スタイルだと、とても見栄えするんですよ
共演者に混じっても、あのスタイルにはやっぱり目が引き寄せられます。
これであとちょっと肩幅があったら、もっとスーツが似合うんだろうなー…。
(余談:光ちゃんは身長がちょっと足りないけど、その分を光ちゃん自身から発するオーラで補っているんですよね)


舞台を3回観て思ったのは、博貴の成長ぶりが強く感じられたなってことです。
芝居も歌もダンスも、1回目より2回目、2回目より3回目……という感じに、良くなってる…と感じることが出来ました。


1回目は初日から数日しかたっていなかったからか、まだまだ硬さが抜け切れていなくて
歌も正直不安定で、共演者の笹本玲奈ちゃんが上手いから「1ヶ月大丈夫かしら?」と心配になりました。


でも2回目に見た時、公演が続いているのに声も枯れていないし、伸び伸びとスカイを演じていて
不安定だった歌も少しずつ安定してきていて、良かった…とホッとしました。
アドリブ(らしきもの)も増えていて、カンパニーとの関係もグッと縮まった感じ。
酔っ払ったサラに手を焼く姿とか(このシーン、玲奈ちゃんも可愛くて大好き)、尻に敷かれている様子とか、もう可愛くて


そして昨日。
表情の1つ1つや動きにもかなり余裕が出て来ましたね。
あと数公演だから、気持ち的にも高ぶっている感じ。

ただ、余裕が出過ぎたのか、観劇していた手越の横を(演技の一環で)通り過ぎるときに、ハイタッチするのはどうなのかと…
とても博貴らしいことだし、通り過ぎる時に何かやりそう…とは思ったし、微笑ましい光景だわとも思ったけど、『本番中』とか『演技中』ということを考えると、出来ればそこは堪えて欲しかったなーとも思いましたアイコンタクトならまだしも、ね。
カーテンコールでスタンディングオベーションする手越にちゃんと手を振り返す博貴はとっても可愛かったから余計にそう思っちゃったのかも


約1ヶ月の舞台は大変だと思うけど、これだけ成長しているってことは、絶対に博貴にとっては財産になると思います。
何より、成長の跡がきちんと見られる舞台って本当に素晴らしい


先日の少クラプレミアムで「錦織さんが内はそのままで良いよ。後は俺達がやるから…と言ってくれたのに凄く助けられています」みたいに言ってたのは、まさにこのことなのかなーと。
初主演ということで緊張しているだろう博貴が伸び伸び演じられるようなサポートが、舞台上の共演者の方々から垣間見られたような気がしたんですよね
良いカンパニーに恵まれたなー


明日の千秋楽も頑張ってね
そのすぐ翌日からコンサート、というのがちょっと信じられないけど


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。