スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「蛮幽鬼」 10/15(ネタバレ)
昨日、新橋演舞場で劇団新感線『蛮幽鬼』を観てきました。

というわけで、以下ネタバレです。


面白かったー!

ストーリー的にはいかにも新感線らしい…裏切りがあり、復讐があり、そしてどんでん返しがあり…という展開なんですが、観終わった後の満足感は非常に高かったです
出演者の皆さん、誰もが格好良くて格好良くて
チケットがあったらもう1回観たかった~と1公演しか取らなかったことを後悔しました


上川さんは復讐に燃える鬼。監獄島に11年間閉じ込められ、スプーンで抜け穴を掘る姿は、オッチョ?(by20世紀少年)と思ってしまったりもしましたがパンフによると、イメージは「岩窟王」だそうです。なるほど、言われてみれば……
白髪のカツラが似合っていたなー。

早乙女太一は初めて見ましたが、所作がさすが美しい!
特に殺陣が軽やかで、水が流れるようなイメージを受けました。これ、光ちゃんに観て欲しいなーと思いましたね

そして何より堺さんが!常に笑顔の暗殺者…ってハガレンにもいたなーとか、ちょっと山南さんっぽい(山南さんは頭脳派でしたが)印象を受けましたが、とにかく本当に笑顔を絶やさないんですよ。でも発せられる言葉からは、ちゃんと違う感情が感じられるんです。そのコントロールが素晴らしいなぁと
あんなに笑顔でいて疲れないのかしら?と、心配しちゃいましたしね。笑。
正直、笑顔の裏で何を考えているか分からない…というのは一番怖い印象を受けました。笑顔のまま一瞬で人を殺す……そんなサジにピッタリ嵌っていらっしゃいました。


他の役者さん達もそれぞれ嵌る配役で 毎回のことですが、絶妙だなーと感心します。
今回は結構山本さんが活躍されていて嬉しかったわうふふ。


1回だけだと、ストーリーとステージの動きを追うので精一杯
もう1回観れば、それぞれの心の機微がもっと分かるようになるんだろうなぁ~。
そう考えるとやはり1回分しかチケットを取らなかったのが悔やまれます。仕方ないことだけど。



満足して帰宅したら、Pちゃんソロコン当選のお知らせが届いていました!
友人が落選だったのでドキドキでしたが、良かった~。これで1回は観られるのね!これで11月のお楽しみが出来ました♪


そして明後日のイベントの為に、明日から札幌へ旅立ちます。
用意が終わらない


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。