スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Happy Birthday ヒナ!
ヒナ、27歳のお誕生日おめでとう!
昨日が『If or...』の東京楽だったから、今日はのんびりしているのかな?

約2週間の東京公演お疲れ様でした。まだ大阪公演が残っているから、気は抜けないだろうけど、ヒナらしい舞台だなーと思いました
出来れば今日まで続けて、一緒にお誕生日をお祝いしたかったけど
舞台の内容は、取り敢えず、内容だけ続きに残しておきます。


これからの1年が、ヒナにとって素敵な年になりますように
大阪公演が終わる前になんですが、今度はストレートプレイが観たいな

その大阪公演、メンバー観に来てくれると良いねー。
「マルしか来てへん…」ってぼやいていたから



●『If or...』東京公演

簡単に言えば、ヒナの描く『もしも~』の世界

<OP> XX年後
老人のヒナ。26歳になっても定職につかず、フラフラしている孫を心配し、話をしようと呼び出す&ビデオメッセージを撮影。
孫に、昔は“関ジャニ∞”だったと告白するヒナ。信じない孫にメンバーの現在の活動を告げる。

亮…水戸黄門の主役。
山田…助さん格さん。
大倉…必殺仕事人の中村主水。(昔はヘビをチョロ~ッと出していたそう)
ヨコ…海外在住。夏と冬だけ日本に来て稼いで帰る。大橋巨泉みたいな生活。
すばる…吉本新喜劇で池乃めだかさんの跡を継いだ。背は更にちっちゃくなったらしい。


ヒナは色々事情があって、芸能界を辞めた模様…。信じていない孫に、祖母があつらえた「おじいちゃんの青春」というアルバムを見せる。
1つ1つ説明しようとした時、用事(ゲートボール)を思い出し、出て行くヒナじいさん。孫に「アルバムをちゃんと見とけ!」と言い残して退場。

TB…ドラマ『ガリレオ』のパロ
結構良い写真が使われてます

①もしも嵐だったら…
嵐のデビュー当時の衣装で「A・RA・SHI」を熱唱。…誰の衣装なんだろう?
振り写しはニノだったようです。

②もしもKAT-TUN上田君だったら…
ボクサーパンツ姿で、分厚い瓦に乗って登場。歌に合わせて割るフリをするが、割れない。

ヒ「これ、割れないんよ」

と言い残し、飛び降りて捌ける。背中の筋肉が

③もしもまだジャニーズJr.だったら…
Tシャツを着ていろはを張り切って踊る。が、振りを少し間違えている。

④そして関ジャニ∞として華やかにデビュー…
ハッピを着て張り切っていろはを歌うヒナ。が、コーラス部分しかパートがない。時折間違えて歌ってしまい、誰か(亮ちゃん?)に指摘されて謝る素振り。

ヒ「昔からあんま変わらんのよ」

⑤<映像>村上君を探せ!
画面の何処かに紛れているヒナを探す、というもの。渋谷のスクランブル交差点(109前とハチ公前)にて撮影。
1つ目はアキバ系オタクに扮し(『流星~』で亮ちゃんが扮したオタクに似ていた)、2つ目はアゲハ嬢に扮していた。

⑥もしも歴史教師だったら?
日本史の授業形式。

・年号の覚え方の、一般的ではないVer.を伝授。
794年:泣くよ渋谷。ありがとうオカン。
894年:赤西戻そう、ニューヨークから。…実際はロサンゼルスと言う苦情は一切受け付けないそう。笑。

・源平の時代
源氏と平家の戦いは源氏の勝利に終わる。何故、源氏が勝ったのか?その理由の1つは「ローラースケートを履いていた」から。
更に、SMAPとTOKIOが源氏のバックを支えていたから強かった。

・江戸時代
徳川幕府=ジャニーズ。長期政権が続いている。
生類憐みの令に代わり、発令されたのは“関西”憐みの令。城島リーダー、岡田、KinKiらがいて、
その下の下…の方に関ジャニ∞がいる。

・明治維新
長く続いた江戸幕府だが、幕府に任せておけないと立ち上がる者達がいた。それが薩摩と長州。が、この2藩は意見が合わず、仲が悪かった。
そんな2藩を取り纏め、倒幕へ大きく動かしたのが若きリーダー坂本龍馬。それにより薩長同盟が出来、明治維新が行われた。
この史実を現在に置き換えると……。
薩摩=トニセン、長州=カミセンとすれば、若きリーダーは坂本君。坂本君が2つのグループを纏めたから、薩長同盟が出来、明治維新となった。ゆえに、明治維新を起こしたのはV6.
このくだりが一番事務所スタッフにウケたそう。笑。

・鎖国
徳川幕府の時代、日本は島国があるゆえに他国からの影響は受けない、自国で全て賄うと国を閉じて、他の意見に耳を貸さなかった。言うなれば、鎖国は思春期のすばる。笑。
でも、そんな日本の存在を諸外国は“黄金の国ジパング”として知っていた。その為、黒船に乗ってやってきたペリーが日本を説得、鎖国を解かせた。
実はその黒船にはジャニ―も乗っていて、だからこそ閉じていたすばるの心も開かれたのだそう。

・第二次世界大戦
敗戦が濃厚になっても、神風が吹くと信じていた日本。
風の上に山をつければ“嵐”になる。

・戦後
色々な技術革新が行われ、社会が発展。代表的なものが産業革命とIT革命。
が、現在も日本で、日比谷で1つの革命が行われていると力説。それは勿論“滝沢革命”。
ポスターを貼って「凄い」と力説。若干26歳。同い年です、と写真のタッキーと並んでいた。
舞台を見たヒナが一番驚いたのは、ステージ上に水が上から降ってきて、そこに文字が浮かび上がったこと。「これは格好良い!」と思い、グローブ座に戻ってきて「ちょっとでも良いから水を流して欲しい」と言ったら…。

ス「お前は水じゃなくて汗流せ」
と言われた
綺麗にオチがついて授業終了。

⑦グラビアアイドルだったら?
「村上信子ファーストDVD 真冬のホットファンタジー」というタイトルの、グラビアアイドルDVD。
海岸(砂浜)でのピンクのビキニ&水色のパレオ、白ワンピースに麦わら帽子で海岸側の階段での映像の後、金ビキニに金パレオでベッドの上で誘っている映像。
研究の跡がとてもよく窺えたよ。笑。ごついけど、そうじゃないシーンもあったもんなぁ…。笑。

⑧M-1グランプリ
膨大な量の写真から8枚を厳選。それぞれに闘わせて、観客投票(拍手)で村上のNo.1を決めるというもの。
東京は前半と後半で写真が変更。
私の好み的には後半の方が多かったかも。笑。

⑨村上を探せ
企画会議中の缶コーヒーの絵と、公園の木。爆。
木は公園で遊んでいる子供達が不思議そうに近寄っているのがおかしい。缶コーヒーはあまり似ていない

⑩売れないミュージシャンだったら?
レゲエをやっているミュージシャンの『新大久保素人歌謡祭』への出場選考オーディションでの様子。
いきなり歌い出そうとするが、最初は面接から…と言われて椅子に座る。
名前を尋ねられ、「ボブ・レノン」と答え、怒られる
ジャンルを尋ねられ、「自分がジャンル…」みたいに答えるが、「レゲエっす」と言い直す。
職業も「ミュージシャン」を気取るが、実際はTSUTAYAで週7日勤務。
音楽をやっている理由は、戦争を止めさせたい(Stop the war)、子供に笑顔でいてほしい等、壮大すぎる思いがあるから。←説明はかなり滑り気味。
作詞(リリックと言った。)は自分で。作曲は直接の先輩の斉藤さんの手によるもの。この斉藤さんの素晴らしさを滔々と語るが、途中で切られる。
歌の披露となり、『It's go my on』を太鼓叩きながら歌う。歌…というより、RAP?それも途中で切られてしまい、「まだ2番もあるんすけど…」と言いながら暗転。

PV『It's go my on第2章コンパVer.』
勝手に作られたPVらしい。

⑪ED
祖父の家。だが、祖父は既に亡くなっていた。孫がアルバムを捲りながら肩を落としている。
祖父が本当に色々やっていた写真を見て、「一度くらいきちんと話を聞けば良かった…」と後悔する孫。が、また仕事を辞めてしまったらしい。「ヤル気はあるのに、やっている内に自分に合っているのか?と分からなくなる…」と呟く。
今度来る時には良い報告が出来るように頑張ると決意した孫は、アルバムを姉妹掛けてビデオカメラが存在に気付く。
見てみると、そこには祖父の元気な姿が。アルバムを見ないで帰った孫に説教する祖父。

(孫と祖父、入れ替わり)

孫の言葉に応えるように、昔の話を語り出す祖父。踊りの上手い子、歌の上手い子、芝居の上手い子…とそれぞれ才能がある人は輝いていることを痛感。自分にないものに嫉妬していると、そういう感情が顔に出て来るものだと知る。
自分には才能がないと、半ば諦め、隅の方で踊っていた時、ある人から「下手でも良い。一生懸命やっていれば必ずそれを見てくれている人がいる」と言われ、それから頑張れるようになったと。

それでも、東京でホテル暮らしが長かった時、TVから流れてきた某曲に涙が止まらなくなった夜もあったそう。その曲を弾いて聞かせるから、耳を傾けて欲しい…と言って、『戦場のメリークリスマス』をピアノで生演奏。

このまま本編が終了。
終わった後の挨拶は、半分だけスーツ(前がスーツ、後ろは裸)という衣装で登場していました。
その後、Tシャツ&ジーンズというラフな衣装で、MC。これは話す内容が毎回違っていたようで、私も毎回大爆笑でした
ちなみに、「まだメンバーがマルしか来ていない」とぼやいていたのは、24日二部です。


『戦メリ』は結構テンポを保つのが難しいようで一度メトロノーム使った方が良いんじゃない?と思ったことも
所々ミスタッチはあったのが残念。けど、頑張っていました。

歴史教師のオチでもある『革命』のくだり、大阪ではどうなるんだろう?明日で『滝沢革命』も終わっちゃいますからねぇ……。
帝劇繋がりでいくなら、“オイルショック”&“リーマンショック”にかけて、『Endless SHOCK』と言う風にしそうだけど。それだとオチが見つからないなぁと

27歳になったヒナに来週会えるので、東京と大阪の違い(恐らく映像部分も若干変わるだろうと…)を楽しみにしています

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。