スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっぱれ、ちぃちゃん!(Canジャニネタバレ)
今日のCanジャニレポです~。
先週のもザッと書いておきます。←やっと今日見れた

●江戸百景と同じ景色を写真に撮れ(すばる&ヤス)
今日の指令は、浮世絵作家歌川広重が描いた江戸百景と同じ景色を写真に撮る…というもの。
すばるとヤスの2人で出掛けました。

最初は浅草から。浅草寺の赤提灯が昔と今と違うのが分かったりして、何とか絵と同じ構図で写真を撮れました。ヤスに通行人役もやって貰って…。笑。
同じ写真が撮れたことで、テンションなすばるが可愛い~

続いて、亀戸天神の男橋、日本橋、愛宕山、浜離宮とお台場の風景…と撮っていったんですが、最高だったのは愛宕山でした!
ここで出てきた、ちぃちゃんという女の子が素晴らしいキャラクターで

絵に描かれていた神様が持っているしゃもじに似たものを探していたヤスが見つけたのが、愛宕山神社にいたちぃちゃんのスコップ。

ヤ「ちぃちゃん、スコップ1本借りて良い?」
ち「良いよ」
ヤ「ありがとう!すぐ返すから」
ち「ねぇ……何で女の人じゃないのに爪、やってるの?」
ヤ「これ?お兄ちゃん、好きやねん。こういうの」
ち「でもね…。それね、ちぃちゃん気持ち悪いな」


このツッコミを聞いたスタジオのメンバーはもう大爆笑!たっちょんなんて手叩いて笑ってたし。

ヒ「ちぃちゃん、コメント100点!」
ヨ「俺らの気持ちを代弁してくれた!」


勿論私も大爆笑でした

最後の1枚…浜離宮とお台場の風景を写真に撮るには、水上バスに乗ってのたった一瞬が勝負。
すかさずそこでヤスにカメラを渡すすばるはさすがだわ~
ヤスだから頼めたって感じかな?笑。

スタジオに戻り、指令CANから感想を求められた亮ちゃんは…。

亮「すばる君と安田君が行ったから面白いけど、もし僕行ったら絶対おもんないやろうなーと思いましたね」
ヒ「何言うてんねん!」
指「何でそんなにネガティブなの?」


このネガティブ発言には、メンバーもビックリ&大爆笑!

ヨ「この子、1人にさせんとこな。出来るだけ一緒にいよう!」
ヒ「ウサギと一緒やわ!」


ウサギ…。
亮ちゃんがウサギ……。寂しいと死んじゃうの?笑。
いや、寂しがりなトコ、あるけどさー

亮ちゃんがウサギと認識されたところで、やはり話題は“ちぃちゃん”に。

ヨ「俺らがヤスに言われんことを言ってくれたな」
ヒ「全部言うてくれた!」


ちなみにヤスがマニキュアを塗っているのは、自分を表現する為、だそうです。
そんなこと言ったら、「表現してみろ」と言われるのはお約束で
表現してみたんですけどねぇ………。
すばるに慰められてしまいましたよ

119枚の江戸百景中、写真に撮れたのは5枚、という今回のロケ。
点数は何と12点!
この低さにすばるは目をまん丸くして驚いてました
減点要因は、ヤスのマニキュア
この減点が88点…ということは、マニキュアしていなかったら100点満点が取れたってこと……なんでしょーか?


●東京の巨木を探せ!(ヨコ&マル)
東京に生えている巨木のNo.1を決めようという企画。
巨木とは幹の太さが3~5mの物を言い、5m以上は巨樹と言われるそうです。
しかも、計る位置が根元から1.3mの所…と決められているとか。そんなん知らなかったわ~

インストラクターの湯本さんに案内され、色々な巨木を訪ねます。
クスノキ、シイ、スギ(三本杉)、ヒノキ、ケヤキ…と、こちらも5本計測出来ました。
ヒノキは確かにとても美人だったわ~。
三本杉の、元は3本だったのにいつしか根元がくっついて1本になった…というのもビックリそんな成長の仕方もあるんですね。

巨木と言えば、私の母校にも巨木がありましたが、あれは何の木だったかなー?←覚えてない
毎年12月には、この木をクリスマスツリーにするんですよ。てっぺんに星をつけて、電球をぶらさげるだけだけど、それはそれは見事なものです


この回はOPのスタジオトークが面白かったなぁ~。
収録自体は年末なのに、正月休みの話をしているとことか←TVのお約束
指令CANに「正月はどうだった?」と聞かれ…。

す「実家でのんびり過ごしました!」
←無難だけど、見本のような答え
ヨ「海外の方へ…アメリカの方へ行ってきました」

でも、アメリカの何処?と聞かれても「今まだ何処にしようか迷い中」としか答えられなかったヨコですけどそれでも、この時点から海外(アメリカ)に行くことだけは決めていたのね

で、次にくるだろうと、亮ちゃんが答えを考えて構えていたら……。

指「(おもむろに)この~木何の木~♪はい、錦戸」

と、指令CANが歌いだして亮ちゃんに振ったんです。
いきなり振られた亮ちゃんはマジでビックリ

亮「は?え…?」

戸惑っていましたが、両隣から「続ければ良い」みたいにアドバイスしてもらい、

亮「気になる木?」

と恐る恐る答えたら、見事正解!
思わず

亮「(質問を)飛ばされた気持ちにもなってみてや!」

とぼやいていました。皆順番に聞かれると思って、一応考えていたんだろうからねぇ…



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。