スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
博貴ソロコン大阪
今日から仕事始めでしたが、遠征疲れもありヘロヘロでした~
16時開演だから、いつもより帰宅は早かったし、3日もさっさと寝ていたのになー…。
年末年始の疲れが出たかな?


さて、忘れない内に、亮ちゃんが出てきた博貴ソロコンオーラスの話と、全体的な感想を。
続きに隠しておきますね。

●博貴ソロコン大阪4日 二部
Question?ライブが終わりかけの頃だったかな?気付いたら、機械ブースの所に人が増えていました。
その内の1人、花道のすぐ脇に立っている人を見て、「あ、亮ちゃん!」と気付きました。でもすぐにしゃがんだのか、椅子に座ったのか、見えなくなっちゃったんですが、パッと見でも見間違いはない、と確信がありました。笑。

MCが暫く進み、亮ちゃんのVTRを流す直前、大智が手で大きな○を作りました。もしかしてこれって亮ちゃんの準備が出来た合図だったのかな?
そのまま「僕が撮ってきたVTRがあります…」と振ったけど、いつものようにVTR画面に切り替わらず。
「え?これって…もしかして…」
と、場内が期待に満ちる中、もう一度、振ると……。

亮「どうも~」

という声が先にして、センターの階段上から亮ちゃんが私服で登場。
黒のナイロンブルゾン(になるのか?あれは)の下に赤パーカー、その下に白Tシャツ。パンツは黒ジーンズかな?サングラスをネックレスに引っかけて登場でした。帽子はなし。

階段を降りて、博貴と並ぶ亮ちゃん。すばるやマル、たっちょんの時のような熱い抱擁はなかったけど、なんとなーくお互い恥ずかしそうな感じが可愛かったです

亮ちゃん登場で、ちょっと緊張気味なJr.達。笑。
桐山が「亮くん」と呼びかけると、「亮くん?」と意外な呼ばれ方をした…みたいに言ったくせに、「錦戸くん」と言えば、「亮くんでえぇよ」と。

亮「桐山と中間は昔から“亮くん”て呼ぶねん」

それを聞いて、大智が「どんな呼び方でも良いんですか?」と言ったら、何か一言言って一蹴してました。この対応の差…大智に対してはかなり強気です。笑。

桐山に「内くんと仲良いですよね」と言われ、素直に頷くも、メールは短いし、一緒にいてもあまり喋らないこともある…と言ってました。

亮「メール…最近してへんな。前はしてたけど」

と言ったのに

亮「覚えてへんけど」

ったくもぉ、どっちなんだよー
と突っ込みつつ、照れ臭いのを誤魔化しているようにも感じました。

ちなみに、博貴が亮ちゃん宅に泊まった時は、モンハンを2日間やっていたりもしたそうです。
会話は「○○(モンスター)の尻尾切れ、切れ」くらいだったそうです

カウコンの時もあまり喋る時間はなく、「おう」と声を交わしたくらいだとか。
その前のNEWSコンを観に行った…という話の時、

亮「(大智に)お前おった?」
大「いましたよ!僕、立って一生懸命手振ってました!」
亮「……?フロートみたいなのに乗って通り掛かった時、内見えて、桐山見えて、中間見えて……。お前おった?」


言われた瞬間、ガックリと崩れ落ちる大智。何故かそのまま正座して、「頑張ろう、俺…」と呟いてました。笑。

そんな話をしながらも、とにかく照れ臭そうな亮ちゃんは早く捌けたかったようで、「もう帰ってえぇ?」と聞いたんですが、客席の「えぇー!?」という声と、内達にも「もうちょっと大丈夫…」と言われて、「じゃあもう少しだけ…」と残ってくれました。

すると、たくさん並んでいるJr.の中に室兄の姿を見つけ、

亮「室!」

と一言叫んだかと思うと、

亮「お前、何着てんねん!」
室兄「兄弟お揃いなんですよ」
亮「お前、もっとちゃんとせぇ!最初“室三兄弟!”って出て来た時、何で弟が言ってんねん!アニキのお前が言わなアカンやろ!」
室兄「それは××さん(振付師さんかな?)が弟が言う方が良いって……」
亮「あ、そうなん?ごめんな。変なこと言うて…」


いきなりダメだし?と思いきや、振付師さんからの指示と知って前言撤回してから、亮ちゃんは先に捌けていきました


本編が終了し、亮ちゃんが席を立つのが見えたので、「アンコールに出るのねー」とドキドキ
恐らく『疾走!Friday Night』から出てくるだろうと思ったら、博貴と一緒にポップアップに乗ってせり上がってきたんです2人乗っているからジャンプは出来なかったんだけど

そのまま、博貴が誘って、2人で下手から花道を一周。
ちょうど『ドリブラ』が始まったバクステで博貴が何か亮ちゃんに耳打ちしたんだけど、亮ちゃんはスタッフさんが博貴のウチワを渡そうとしているのに気付いて、取りに行くように言ってしまったものだから、話はそこまで。
多分、大サビとか亮ちゃんのパートを歌言う?って聞いていたんだと思うんだけどなー。
そこは亮ちゃん、歌わずに博貴が歌っていました。
でも間奏の博貴コールは、Jr.と一緒にしてくれました

最後、センターステージへも一緒に来てくれて、亮ちゃんは円の真ん中に立つような感じで銀テープを飛ばして終了。
メンバー紹介の一番最初に亮ちゃんの名前を呼んで、

内「あとでねー♪」
亮「おん」


と手を振り合いながら先に捌けていきました。


オーラスのメンバー紹介で、Hey Sey 7 Westの子を1人紹介し忘れる…ということをしてしまった博貴ですが、ダブル前にちゃんと紹介して謝ってハグ。そのままダブルがスタートしました。

ダブル終了後、博貴が捌けようと階段を上がった所で「もう1回コール」が起こり、立ち止まって下に確認した博貴は、「じゃあ…」と『好きなだけTODAY』を歌ってくれました♪
それが終わって、メインステージに全員集合した所で、再び「もう1回コール」が起こったんです。すると今度は、淳太&薫太を始めとするJr.達もそれに乗っかり……。

内「じゃあ後1曲だけな。これ以上やったら、俺が怒られんねん」

そう約束して、選んだ曲は『Cool Magic City』!
まさかこれをQuestion?が演奏出来ると思っていなかったからビックリしました!そして嬉しかったぁ
1曲歌い、ちゃんと約束通り、綺麗な締めとなりました


※2009.1.6. 22:20追記
というわけで、昨夜書ききれなかった感想です

博貴のソロコンは横浜と大阪の両方を観たんですが、全体的には、

格好良かったのは横浜!
気楽そうだったのは大阪!


という印象を受けました。
そう思ったのには理由がありまして……。
大阪で、横浜の時とーっても格好良かった演出を変えられてしまっていたからなんです

横浜の時は、『All of me for you』と『I・ZA・NA・I・ZU・KI』の掛け合いは、関西4人と、キスマイの4人がバックについていたんです。それから『マーメイド』も関西4人がバックで、このどちらもとーっても格好良く、お気に入りでした。
大阪ではキスマイの代わりにベテランがつくのかなー?って、友人達ととても楽しみにするほどに

が、大阪では……。
『All~』についたのが大智、濱ちゃん、千崎&Hey Say 7 Westから4人で、『I・ZA・NA・I~』についたのが桐山&淳太と優馬にHey Say~の2人だったんです。
途中からベテランや龍太達が出てきて、花道とセンターステージを使って最後踊るんですが……。人数が多すぎてゴチャゴチャ感は否めず

更に『マーメイド』はHey Say 7 Westとリトルギャングがついたんですよこちらも最後はセンターステージで踊るので、間奏以降はもの凄くゴチャッとしてしまってました間奏の踊りのスピードも、バックに合わせて落としていたし……。
それがすごーく勿体なかったんです。

しかも、小さい子達の声で博貴の高音が掻き消されてしまって今もまだ高音が出ると言っても、子供達の声に敵うわけがありません
この歌は、博貴の高音を生かさないと意味ないのに…

関西Jr.のユニットが多いし、大人の事情が色々あるのは分かっています。
でも、だからって格好良い演出を変更しなくても良いのに……と、思わずにいられませんでした。
そこでしか見せ場がないわけじゃないし、他にもバックにつけられる曲はあったのに…。

どうしてこの2曲に小さい子達をつけたかなぁ……と。『マスターキー』にベテラン&龍太がついていて、これが超格好良かったので、余計にそう思ってしまったんですね

格好良い曲は格好良いままにして欲しかったなー……(溜息)


そんな風に思った部分もありましたが、博貴と関ジュの子達のやり取りはとっても微笑ましくて可愛かったです
『Let's Go Let's Go』で優馬と肩組んで歌ったりとか、アンコールで自分のキャップをかぶせてあげたりとか。
かと思えば、『STANCE』で、オリジナルの振付をしゃかりきに踊る文ちゃん&濱ちゃんを笑いながら見ていたり。(文ちゃんは1曲踊りきってました。濱ちゃんは途中で息切れ。イントロは淳太や室兄、薫太も一緒に踊っていましたよ~)博貴的にはここ、見ていてとっても楽しかったそうです。←MCで言ってました。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。