スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カウコン
さすがに30日~元旦まで東京ドームへ出勤(笑)していたので、今日は1日休息日。
と言っても、友人から急に「会おうよ」と連絡があったので、出掛けてバーゲンも覗いてきてしまったんですが。苦笑。

そんなわけで、レポが遅くなってすみませんm(_ _)m
まずはカウコンレポからです。
長くなったので隠します

●Countdown 2008-2009
<OA前>
23時になると同時に開演。後ろに生放送が入っているから、押すことはありません。笑。
トップバッターはカツン。
『Keep the faith』、新曲、『喜びの歌』をメインステージから登場して歌っていました。

続いて∞。
ねぶた柄トロッコに三馬鹿(一塁側)と下4人(三塁側)に分かれて乗って登場。全員集合春ツアーのOPで着ていたガウン姿だったんですが、たっちょんだけ子豚のピンクではなく、亮ちゃんの白モコモコガウンを着ていました。亮ちゃんはNEWSの前ツアーで着ていた白ガウンだったから、借りたのかな?
たっちょんは髪を後ろで少し上げ気味にしていて、それもなかなか良かったけど、何よりすばるのピン止めが可愛くて可愛くてヒナの髭にガックリきた分、すばるの可愛さが際だってました
歌ったのは『ズッコケ男道』、『関風ファイティング』、『イッツマイソウル』、『無責任ヒーロー』。いずれもショートVer.でしたが、『無責任~』の盛り上がりは凄かったです
しかも、『無責任~』で、亮ちゃんが歌いながら寄ってきたすばるの胸元を触ったら、その後、ハモる所ですばるに仕返しされていました

その次がNEWS。
えーっと、どこから出てきたっけメインステージだったかな?白ガウン(羽根付)で登場です。下には今のコンサートで着ている、メンバーからのズボン。
歌ったのは『weeeek』、『NEWSニッポン』、『希望~yell』、『サヤエンドウ』、『TEPPEN』。メドレーっぽくなっていて、1曲1曲は短めです。

最後は嵐。
メインステージのダイヤモンドが開いて登場。
『We can make it!』、『Oh Yeah!』、『風の向こうへ』の3曲で大いに盛り上げてくれました。
衣装は国立で着ていた赤基調のゴールドが入ったヤツだったかと…。

嵐が歌い終わって、着替えで捌ける時のMCはヒナを指名。笑。
やっぱり自分達以外で任せられるのはヒナしかいなかったのね
メインステージにY&J3グループが勢揃いし、2008年の感想を聞いている間に、着替え終えた嵐が再登場。代わりにY&J3グループが捌け、嵐はジャンクション撮影。今年は上手くいったんじゃないかな?

<OA中>
とにかく、色々追いかけるのが必死だったOA中。笑。
歌っている子に集中しようと思っても、スタンバイする姿が目に入るとそっちに気を取られたり。笑。リフターにスタンバイしながらきちんと場を盛り上げるヒナ&マルは良かったなー。

OPで、NEWSとして登場後、1人残ってエイトと合流する亮ちゃん。この時、たっちょんはちゃんと自分のピンクの子豚ガウンを着ていました。だったら、誰かが亮ちゃんの白モコモコガウンを持ってきて、羽織らせてくれても良かったのにー

年が明けて、KinKiが『ハピグリ』、『硝子の少年』、『愛されるより愛したい』を歌っている間、ドームでも歌って踊られていました『愛される~』で、踊り出しのタイミングを隣のマル(かな?)と一生懸命計る亮ちゃんが可愛くて
嵐も昔取った杵柄か、完璧に踊って見せてくれました
ちなみにこーいう時、ちゃんと歌って踊る人が殆どなんですが、中にはいるんですよね、全く歌わず踊らない人私は前者が当然だと思うので、後者に関してはかなりムッとしましたね

博貴の登場は、NEWSコンに来ていたのが分かった時から予想していました。関ジュも一緒に登場するんだろうなーって。あんな大々的なサプライズにされるとは思わなかったけど場内大歓声でした

嵐のヒットメドレーは圧巻の一言。ここの10周年には本当に期待しちゃいますどんな10周年記念公演を見せてくれるんだろう?って。
そうそう、亮ちゃん、ここでも松潤に絡まれて挙動不審になっていました。笑。

この辺だったかなぁ?外周の途中にスタンバイしたエイト3人(ヒナ、マル、たっちょん)が、マル始まりの適当な振りを歌に合わせて踊っていたのは。笑。
多分、ヒナがたっちょんのジャケットの襟を直していたのもここ。

一夜限りのユニットは結構絶妙な振り分けで楽しかったです
ダンスユニットのアクロバットも良かったし。(あーいうの好き
すばるの『宙船』は本当に凄かったし
ここで、TOKIOとV6が駆けつけ登場したわけですが、いやぁ彼らの盛り上げ方はハンパじゃないですね!場が上手く一体化するというか、なんというか…。年の功?笑。

『Real Face』で、カメラを気にしていないすばるに、妙な振り付けで盛り上がっているマルちゃん。マルちゃん、かなり張り切っていたけど、ちょーっとやりすぎな部分も正直ありましたね

『青春アミーゴ』のドラマ共演3組は楽しかったなーTBSのドラマ2本と日テレ1本。笑。
智也が踊るのも新鮮だったし、何よりアリアケ兄弟が
ここでも踊り出すタイミングを計ってピョンピョン軽く跳ねている亮ちゃんが可愛くて振りは完璧に入っていないようで、結構前の2人を見ていたけどね

『愛なんだ』は、微動だにしない大ちゃん&ヒナに笑い、松岡にしつこく絡まれてちょっと引き気味のたっちょんに笑い……

『ミッドナイトシャッフル』で、全員がセンターステージに集合。一応、上が年長者でしたね。笑。
この時、年男4人は着替えに捌けました。

<CM中に歌ったもの>
『JUMBO』、『HONEY BEAT』、『ズッコケ男道』、『ブギウギキャット』。

歌いながら、それぞれインタビューコーナーへ移動しました。亮ちゃんは最初NEWSの方(一塁側クレーン)へ行って、歌の間にエイト(センターステージ)へ。
戻ってきたたっちょんの袴から、下に履いていた衣装が見える…と指摘したら、たっちょんは裾を捲って一生懸命見えないように隠していました
だけど、インタビュー中にヤスと一緒に懸命にジャンプしていたら、裾は元通りになってしまったんですけど
このジャンプもねー、インタビューしている後ろでピョンピョン跳ねていて可愛かったのに、OA見たら、前にいるマルが割り込んで殆ど見えず残念。

ヨコヒナもレコメンで言ってたし、NEWSコンMCでも話題になっていましたが、この時のTOKIOとV6の盛り上がりはさすが!という感じでした
まさかね、『ブギウギキャット』歌いながら、「ナーナーナナナーナーナーナナナー♪」と、DJ OZMAを入れるとは思いませんでしたよ
凄いよ、智也も太一も

『はつうた』のトロッコは、嵐&NEWS、エイト&カツン、TOKIO&博貴とRockな仲間達、V6と翼…という分かれ方をしていました。
嵐トロッコとエイトトロッコが擦れ違う時、ヨコヒナが嵐やPちゃんと握手していたり、嵐トロッコとTOKIOトロッコが擦れ違う時は、博貴とNEWSのメンバーが親指立ててお互い合図し合っていたり、可愛かったぁ
だから余計に、亮ちゃんが仁と一緒にさっさと降りようとしたのか、途中で隠れたのは嫌だったなーあーいう時は最後までちゃんとしなさい!

<OA後>
無事にOAが終わり、最後の曲は『明日が聴こえる』。
この時、センターステージから博貴が小山&手越と肩を組んでバクステの方へ歩いてきましたバクステに着いた所で、Pちゃんとシゲが合流。三塁側花道へマッスーが歩こうとしていたので、Pちゃんが懸命に呼ぶも、マッスーは中丸と喋っていて全く気付かず思わず、「マッスーのバカー!」と叫んでしまいました
いや、亮ちゃんもこの時はたっちょんと一塁側花道を歩いていて(しかもたっちょんのオシリを叩いたりしていた)、遠かったんですけど。苦笑。


世代交代をして初めてのカウコンでしたが、なかなか楽しかったと思います。
ただ、TOKIOやV6のようなバカ騒ぎを出来る人が少ないので(というか、エイトだけ?)、一夜限りのお祭り騒ぎ、という意味では、後から登場してくれて良かったなーと思いました。
でも年齢が近い分、和気藹々とした感じでしたけどね。

嵐が自分達のMC代理はヒナ、と決めていたのも面白かったです。そうだよねー、うんうん。
やっぱりいつかはヒナ仕切りのカウコンが見てみたいなーと思いましたね

亮ちゃんは前半がNEWS衣装、後半はエイト衣装で、他の人より着替えが少なかったのか、スタンバイ時は三塁側ベンチに座っていることが多かったです。
でも、自分の歌った歌くらいは覚えてようよ←元旦のNEWSコンで『アミーゴ』くらいしか歌わなかった…と言った


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。