スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流星の絆
記念すべき初回OA。
ギリギリ帰宅出来てリアルタイムで見ることが出来ました


以下、感想です。

結局、私は原作を読まずに見ています。
あ、最初数ページだけ読んだかな?(立ち読みで。笑)
その時に感じたイメージより、かなり明るい物語のように感じました。
これは脚本家さんの力かなーと思ったので、楽しく見ることが出来ました


3兄妹が生き生きしていて、でも根底にはそれぞれ14年前の事件を抱えていて…というシリアスでナイーブな一面もあって。
笑っちゃうシーンもあれば、しんみりするシーンが続く…みたいな、緩急のはっきりしたドラマだなーと思いました。起伏が微妙なので、一気に見られる感じですね。
詐欺シーンで、いきなりマンガが画面にアップになった時には驚きましたけど
何だか新鮮な手法でした。笑。


弟妹に「キモイ」とか色々言われ放題の長男。でも一生懸命弟妹を守ろうとするのは伝わってきます。
だから何だかんだ言いながらも、頼りにされているんだと思うし。
尾行シーンでのニヤケ顔とか、本当にキモくて、さすがニノだなーとうん。

そしてチャラ男の次男。無計画だけど、やる時はやるって感じなのかな?ホスト役のエクステはちょっとバランスが合ってなかったけど(苦笑)、格好良かったわ~。下っ端ホストに見えたもん
あの軽さは亮ちゃんにとっては今までにない役だし、また良い脱皮になるような気がします。

末っ子のシーは、小さい時から女王様だったんでしょうね。お兄ちゃん2人に大切にされている小さな女王様。(「シーだけ(流星を)見てないの!」と言いながら兄ちゃんズを引っ張って行くトコとか)大人になった今でも、その想いが強いから、お兄ちゃん達は気が気じゃないんでしょう。
「初めてじゃないし!」と言った後の兄ちゃんズのビックリ仰天顔がそれを一番表していたなーと。

子役3人の演技も上手くて可愛くて、事件の悲惨さがより引き立っていたなーと。
功一と泰輔にあったホクロは、わざとつけてる…んだよね?

これから犯人探しも始まるし、展開が楽しみです

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。