スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スマコン 9/30(ネタバレ)
スマコン東京公演が終わりました。
始まる前は、6日間なんて長いなーと思ったけど、気付いてみればアッという間


もうちょっと見たかったなーというのが、率直な感想です
当たれば札幌オーラスへ行く予定ですが、それだけってのがちょっと寂しい
大阪とか行きたかったな。


……平日のみなので、休みが難しかったと思い、諦めたんだけど


初日は結構もたついていたし、今でも一部構成とか選曲とか、こうして欲しかった…という希望もあるにはありますが、『もうちょっと見たい』と思えるくらいには、今回のコンサートを好きになっていました

サンプルツアーとかPOP UPツアーに比べると、遙かに好きです。面白い♪


というわけで、以下、東京ラストの感想。ネタバレです。


東京ラストはやはり熱気が違いました♪
6日目で、メンバーも随分こなれていたし。
ただ、音程は相変わらずボロボロな箇所はボロボロで
これは今後の課題かな?


最後のMCは剛祭り(by中居)でした。苦笑。
6日間の感想を聞いていこうと、一番最初に剛へ振ったんですが、これが間違いの元


剛「楽しかった!吾郎さんの言葉じゃないけど、踊っている内にどんどん身体に染み込んでいく感じで…」


というようなことを言っていて、漬け物みたいに味が出てきた…みたいに言ったことから、「じゃあ自分は何の漬け物?」と中居が振ったんです。

剛本人はゴボウ。
ゴボウ?とここから私はちょっと首を傾げていたんですが、じゃあ他メンバーは?と話は進んでいきました。


吾郎はニンジンで、これはまだ漬け物として分かるかな…と。ただマイナーな所にくるなーって思いましたね


で、次は木村だったわけですが……。

剛「木村君はね、ジャガイモ!」


言われた木村は勿論、私もそして会場中が「……え?」とキョトーンとしました。
ジャガイモの漬け物って……何?と
戸惑った木村が、「ちょっと待って」と何でいきなりジャガイモかと尋ねようとしても、自分は間違っていない、と信じている剛は止まりません

どうにか割り込んで尋ねても、いつの間にか“漬け物としての例え”が“野菜としての例え”にすり替わっていることに、気付いてない様子
そのことに我慢出来なくなった木村がちょっとキレてみれば


剛「何でジャガイモって言っただけでキレるの!?そんな人、初めて見た!だってジャガイモだよ!色々使われてるんだよ!種類も多いんだよ!木村君の方が僕よりジャガイモっぽいでしょ?」


………。
もうね、驚きすぎて溜息が出ましたよ


木村も理解していない剛には何を言っても無駄だと判断したのか、文句を言うのを諦め、続いて慎吾を例えると?という流れに。
慎吾はセロリ。これはまぁ…漬け物にあるかも…と思いました。

そして最後、中居だったんですが……。

剛「中居君はね、焼きおにぎり!中身が昆布の!」………。
これを大真面目に言われて、目が点になりました。


剛は本気で、自分が話の主旨をいきなり変えていることに気付いていないんでしょうね

いや、以前から(特にここ数年)、その傾向にあるなーとは思っていましたが、ここまでヒドイとは……
もう30半ばなのに大丈夫?と、逆に心配になりましたよ

中居も木村がムカついた気持ちが分かった…と言ってたし。かなり呆れてもいたような


さすがの剛も、場の空気が変わったことには気付いたようで、一応謝っていましたが、何でそうなったのかは分からない様子
今までの6分間を忘れることにするから、一度暗転させよう、という木村の提案に照明が落とされ……

再びついた時には、センターステージには剛のみ、他4人は下手花道にいました
その後も、孤立にされた剛のよく分からない行動(苦笑)が少しあったんですが、割愛。苦笑。
「ソウデス!」のバックで踊らないぞ!と脅して、漸く「それだけは…」と焦っていましたが。笑。それでも本心から謝っているのか、取り敢えず謝っておこうと思って…だったのかは分からなかったなぁ…

このMCを聞きながら、もしも剛がエイトにいたなら、ヒナの留守電説教の対象になっていただろうなーと思っちゃいました
でも、剛も変なところで頑固なので(苦笑)、説教されたとしても気にしないでしょうけど。


MC後、「君のためにできること」の吾郎パートで、初めてつっかえて止まっちゃいました。
恐らく、MCの報復(苦笑)で、「今日は生で弾け!」と言われたんじゃないか…と勝手に予測
(実はここ、何となくアヤシイなぁ~と疑っていて、29日のMCでの発言からもしかして…とは思っていたので、多分いつもはバンドフォローの音を大きくしているんだろうなーとこれまた勝手に予測していました違うかもしれませんが)
やり直しかな?と思っていたら、慌ててドラムやキーボードが入ってきて、何とか進めていました。


中居を宝箱に閉じこめる所では、木村の手が胸元に当たっていたようで、しきりに「乳首!乳首!」と連呼していました。苦笑。


ショックだったのは木村ソロ衣装のパンツがジーンズから緑のスウェットに変わっていたこと!
最後の最後にヒドイ…ジーンズが一番可愛かったのに!

また、中居のアンコール衣装のパンツも変わっていました。最初は太股がピチッとしたパンツ(裾は広がっている)でしたが、7分丈パンツになっていて、パーカーのフードを被っているのを遠目に見ると、少年♪って感じ
またぎ衣装(知人命名バラード時の衣装です)の、マントに指先なし手袋、三つ編み付帽子の時は、遠目のシルエットが女の子みたい…だったのに、全く印象が衣装によって違います。
36歳なのに、凄いなー。笑。

またぎ衣装と言えば、木村のヘアアクセサリーに羽がつくようになりました。確か26日から
きちんと編み込んであるのも凝っているなーと。

ソロはやっぱり慎吾ソロが好き
初日は尻切れトンボに感じたラストですが、やはり穴に飛び込んで消える…という設定で、30日はすんなり受け入れられました。
ただ、26日は飛び降りずに、セリ下がっていきましたけど。


初日に流れに合わないような…と思っていた「アヴェ・マリア」は、あそこのコーナーでも良いのかもしれない…と思えました。
ただ、その後のテクノミュージック(「ココロパズルリズム」でしたっけ?)が合わないんだと
これ、せっかく可愛い感じなんだから、他の所の方が良かったんじゃないかなぁ…?

アンコール終了時点で21:30を回っていましたが、そこは東京ラスト♪
ダブルアンコールで「ダイナマイト」と「笑顔のゲンキ」の2曲を歌ってくれました♪
やっぱりアンコール以降は盛り上がります



ザッとオーラスの出来事を書き出してみました。
剛のMC…というか、話の内容がアッチャコッチャに飛びすぎるのは本当に心配です
気を付けた方が良いと思うんだけど……。


他、不満は……。
暗転が多いと、無難すぎる選曲と、バクステに1回しか来ないこと。
アンコール6曲は多いと思うけど、もう1回くらい中盤でバクステまで来てもバチは当たらないと思うよ。笑。
MIJが好きになれたのは、バクステに2回来てくれたからなんだろうなー。笑。


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。