スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スマコン 9/26(ネタバレ)
3日連続フレックス…というのはさすがに社会人としてどうよ?と思ったので(苦笑)、今日は定時過ぎまで仕事をし、遅刻で行きました。
それでも近いのが東京ドームの利点♪
(というわけで、以下ネタバレしています)



ドームにはバンバカ前に入れて、トイレやらグッズ購入やらをすませて席へ着いたのは、「$10」前でした


今日、何よりテンション上がったのは、


木村のソロ衣装が替わった!


こと。爆。
初日、黒ジャージで歌う姿を見て、本当にガックリきた私
衣装が替わった!と判明した瞬間、ガッツポーズ&双眼鏡でガッツリガン見してきました。

新しい衣装は、黒ハット、ピンクのTシャツ(袖は捲ってます)、グレーベスト、ちょっとダボッとしたジーンズ(右膝が破れている)、赤チェックっぽいサスペンダー(左肩は外してます)。
黒ジャージより、断然こっちの方がダンサーさんの衣装にも合っているし、良い!
昨日は変わっていなかったそうなので、今日からの変更と思われます。

あー本当に、気付いてくれて良かった


あと気になったのは、慎吾ソロでバンドの外人さん達が楽器持ってセンターステージにいたこと。これって初日もあったかしら??
ダンサーさんの衣装も、もっとサーカスっぽい感じだったと思ったけど、どちらかと言うとショーガールっぽい感じになっていたような気がするのは気のせい?


慎吾はステッキダンスのソロ部分で、右膝を触って「痛いの痛いの飛んでけ~」をやって「大丈夫!」とアピールしていましたが、やはりダンスコーナー後はちょっとしんどそうでした
ゆっくり移動する所は、右足を引きずるようにして歩いていたし。飛び降りる時とかも結構かばっていたし。
明日は休演日。ちゃんと休ませて欲しいな。


テクノ曲の所で、1人乗りの乗り物に乗るんですが、最後に調子に乗って坂を一気に上がろうとしていた木村がバランスを崩し、後ろに転けそうになりました
何とか大丈夫でしたが、思わず「アブナイっ!」と叫んじゃいましたよ。
何事もなくて良かったぁ…。


MCは「3日目になって慣れてきて、チラホラ間違いが見られる…」という木村の指摘から、間違いの自己申告大会へ。笑。
吾郎はステッキを投げ合う所で落としたこと、慎吾は歌詞を飛ばしたことともう1つ。
剛は「間違えてない」と言い張って、ちゃんと言わなかった…んじゃなかったかな

そんなMCで、木村は青イナのゲッチュー♪の瞬間、客席にいた鶴瓶さんを発見したと報告。更にその後、ターンをしたら


木「歯が出てる人がいた…」


と報告。そう、鶴瓶さんより上手の最前列に、さんまさんが座っていました。しかも自分の名前が書いたウチワを持って
結局、さんまさんにマイクが届けられたので、一言ご挨拶。流れで鶴瓶さんも挨拶させられてました

また、「KANSHAして」で慎吾が替え歌。「雫~♪」みたいに言ったと思ったら、モニターに雫ちゃんこと八木優希ちゃんが映されました
優希ちゃん、いきなり映されて訳分からずにキョトン、としていたのが可愛かったぁ



今日はちょっとKYな方がいたのでその話も
バラードコーナー頭の、剛のピアノソロの所です。
ステージ上には剛しかいないで、「あなたのためにできること」のイントロ(多分。別の曲…じゃないよね?)を弾いていました。
その時、ちょっとした間で「吾郎ちゃん!」と叫ぶ声があったんです。
勿論、ステージ上に吾郎はいない為、客席がざわつきました

初日2日目を見た方なら、次に登場するのが吾郎だってことは分かっています。
恐らく出てくる吾郎へ向けての声だったんでしょうが、その後も暫く吾郎は出てこなかったんですね。苦笑。
えぇ、あまりにもタイミングが早すぎました


叫ばれた方は、自分の声が通るからシーンとなったタイミングを狙って叫んだんだと思いますが、TPOを考えずに無闇やたらに叫ぶのって私は嫌いなんですよね
溜めをきかせたい、という演者の意図も何も考えず、ただ声を届かせたいから叫ぶ…というのは、どうかと思うんです。「何でここで叫ぶ!?」とイラッとすることも度々…苦笑。
MCもそうかな。メンバーが喋っているのに構わず叫ぶ人って、メンバーの話を聴く気がないのかな?と思ってしまいます


自分で間を取っている時や、喋っている時に腰を折られるように叫ばれるのって、歌ってる方、演奏している方、話している方としては、やりにくくはないのでしょうか?


そう言えば、25日に行ったフラフラのライブでは、最初の方こそすばるが溜めを作った時に叫ぶ人が若干いましたが、後半は全く声がなく、シーンとしていました。
すばるの声に、彼が作る間に、真剣に耳を傾ける、そんな感じがしたくらいに。
正直「やれば出来るじゃない」と思いましたよ。


また、先日終わったTOKIOコンでは、最後のバラード前で智也が「手拍子も足踏みもいらない。ただ静かに演奏に耳を傾けて欲しい」と言って歌い出したそうです。そして、その時は本当に歌と演奏のみが聞こえていたそうです。
一概には言えないけど、手拍子のリズムが歌う方にとってちょっと邪魔になることもあるんでしょうね


過去、光ちゃんのソロコンオーラスの、やはり最後の曲のアカペラ部分の溜めで、名前を叫んだ方がいたんですが、その瞬間、会場の空気が凍ったこともありました。笑。
あの時は、叫んだ方以外のファンが「何でここで叫ぶのよ!」と殺気立ったんですよね、一瞬
そんな過去も思い出してしまいました。笑。


暗転部分でメンバーの名前を叫ぶのはまだしも、あの剛のピアノソロで叫ぶのは間違いだよなぁ…と思った次第です。
今度観る時には、そういうKYさんがいないと良いなぁ……

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。