スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エイトコン静岡 7/29(ネタバレ)
今日から大阪ドームでのコンサートですね♪

今日は行ってませんよ。笑。仕事して、ちゃんと自宅に帰ってます。笑。


……明日は半休で行くけど


諸事情により休みをケチッた結果、こんなスケジュールになりました。
今日はいったいどうだったんだろー?


というわけで、大阪に発つ前に、静岡2日目のレポ(MCメイン)です。
静岡も休みをケチッて2日目のみ参戦でした



●静岡一部
・カメラで遊んでいた為、『∞ O'clock』のソロを歌い忘れるヒナ。最初の挨拶で「歌い忘れました」と謝る。その最初の挨拶で、亮は自己紹介で何処から来たかを言おうとして住所を言い掛け、慌てて止めてました。

亮「危ない危ない。今、俺普通に住所言おうとしてアカンやんって思った…」

それを聞いて、笑いながら亮の肩をどつくヒナ。笑。

・Heat is onの冒頭部分では、ヒナ・すばる・マルでじゃんけんをするように。笑。

・和太鼓ラストのかけ声は「うわぁ!」ちょっと情けない言い方だった為か、ヨコが自パートを歌いながら、合間合間に「うわぁ!」と入れてました。爆。

・天誅!の移動時、福井MCを引きずってか、ヒナが遊び始める。笑。(、その前から遊び気味だったけど)前を走るヤスを抜き、自分の立ち位置で刀を構えてヤスを切ったり。

<MC>
 とにかく暑い静岡。会場は丘の上だから風通しが良いハズなんだけど、日差しが強く、照り返しも強い為に暑い。MCでメンバーは暑い暑いと口々に言ってました。でもそんな中、亮は開演前に駐車場で寝ていたそうドラマやるのに、そんなに黒くなって大丈夫なの??汗とか

 静岡は何もない、というのがヨコヒナの共通意見確かに会場周辺は何もないわね…。
彼らがそう思ったのも、前夜に焼肉を食べに行ったら、夜が遅かった(21時頃)せいもあってか、“ハラミ”がないと言われてしまったからそりゃあ、お腹空いている時に食べたかったお肉がないのがショックよねぇ…。

 更に彼らが解せなかったのは、“ネギタン塩”の“ネギ”もなかったことそれでも別盛りでネギのみならあります…と言われ、そういう状況でも載せて焼けば“ネギタン塩”っぽくなると注文したら、出てきたのはネギだけが山盛りになった小皿それも200円。
店員さんには「ありがとー」と笑顔で言ったヨコヒナが、店員さんが下がった途端

ヨ&ヒ「これで200円かい!」

と即文句を言ったそうです
更に、すばるがデザートで“手作り芋アイス”を頼んだそうですが、これがまた90%は市販のバニラアイスで、ほんのちょっとだけ芋クリームが掛かっている…というものだったとか
しかも食べ進んだら、中から髪の毛が出てきたそうです
そのことに対して「文句を言ったのか?」とヒナが聞くと、

ヨ「(髪の毛が見つかって)すばるはもう食べれん…てなったけど、その後を俺が美味しく頂きました」

これには皆ビックリでしたよヨコ、そこはちゃんとお店の為に言った方が良いよ。食べちゃダメだよ
案の定ヒナは「(文句を言いたかったら)俺に言ってこいよ!」と代弁してあげる、と男らしいことを言ってましたね。


こんな話から…だったかな?ヨコがいきなり、「昨日から皆愚痴を言いすぎ!」と注意しました。「そんなに言ってない…」と身に覚えのないメンバーに、「言ってたやん!」とヨコは指摘していきます。その対象はヒナと亮

まずヒナは、

①焼肉屋についた時、「あーニキビ、いったいわーとぼやいた。
 ……確かに、肌荒れは酷かったです沖縄で変に焼いたんだろうなー…。頬がちょっと斑気味だったし

②ヤスが上ミノを注文したら、「上ミノなんて歯が痛くて食えるかい!柔らかい肉を頼め!」」と文句を言った…。
 ……どうやら親不知が痛いらしい

ヒナの自己分析によると、諸々の個人的理由と、物凄く空腹だったこともあり、イライラしていたそうです。

ヒ「だから俺、最後の方は喋らんかったやろ?」

不機嫌の自覚はあったわけですね

 続いて亮。今日会場に入るなり「マヨネーズないやん!」と騒ぎ出したとかどうやら常備されている筈の亮専用のマヨネーズがなかったらしいです。
その後ろを通った大倉が、小声でボソッと「あ、怒ってる…」と呟いたとヨコが暴露。笑。

 この亮専用マヨネーズ、メンバーが借りることもあるそうです。ヨコはそれを「このマヨネーズ、誰の?借りるで~」と言いながら使っているようで、亮はこのことで一言言いたいんだけど…と切り出しました。

亮「あのマヨネーズ、俺のって知っとるやろ?何で毎回(わざとらしく)聞くん?」
ヨ「多分どっくんのやろなーって思うけど、もしかしたらケータリングのかもしれんやん。だから取り敢えずは『借りるで』って言って使ってる」
ヒ「亮のなら借りるって言ったことになるし、ケータリングのなら使ってえぇわけやねんな」


わざと…というよりは、どっちのマヨネーズでも良いように…というヨコの計算心配りだったわけですね。
と、ここで、大倉が爆弾発言を!

大「でも、あの亮ちゃんのマヨネーズ、一番使ってるのはマルやで」
亮&ヨ「え!?そうなん!?」

この事実に亮もヨコもビックリ!ヨコはともかく、持ち主の亮は気付いてなかったのか…。反対に、バツが悪そう~な顔で落ち着きをなくしたのは勿論マル

マ「これには理由がありまして…。亮ちゃんのマヨネーズは低脂肪マヨネーズだから…」

と、借りている理由を言おうとしたマルですが、何故かしどろもどろになって今イチ伝わらず 「だから何やねん」と突っ込まれていました。

亮の顔色を窺うようなマルに対して、

ヨ「何どっくんに気を遣ってんねん」

というツッコミが。すると大倉がまたも暴露してくれました。

亮・大倉・マルで1つのテーブルだった昨日の焼肉。メニューの中で亮が“地鶏のタレ”を気に入って、そればかり頼んでいたそうです。最後にも追加をし、「食べる?」と2人に聞いた亮。大倉は既にお腹一杯だったので断ったけど、その時締めのお茶漬けを食べていたマルは「うん、食べる食べる」と答えたものの、結局は食べず…。亮に気を遣って「食べる」と言っていただけ、と指摘しました

また、昨日はテーブルが3人と4人で離れていた(間にスタッフのテーブルがあった)んですが、マルは4人チームの話にも遠くから参加していたそうです。でも、亮に話しかけられると相槌を打つ…という気の遣いよう。笑。最終的には4人テーブルへ移ってしまったそうですが、そんな話を聞いてヨコは

ヨ「マル、お前の方がどっくんより年上やんな」

と、素朴な疑問を。爆。
そう、ヨコの指摘通り、マルの方が1歳上なのに、何故か亮の方が上目線なんですよね、昔から。苦笑。


『fuka fuka~』後も焼肉話は続き、今度はヨコがイライラした話になりました。

メニューを真剣に見ていたマネージャーさんに対し、すばるが右手を開いたまま差し出していました。
ヨコはすぐに「メニューが欲しいんだな」と思ったそうですが、敢えて何も言わず。ただ「早よ言えや!メニューちょうだいって!」と思っていたそうです
それなのにすばるは何も言わず、ただじっと腕を差し伸べているだけ。
次第にヨコがイライラしてきた時、ヤスがすばるに気付いて一言。

ヤ「しぶやん、何そのパー」

すばるが手を差し伸べていることには気付きましたが、どうして欲しいのか…ということには全く気付いてなかったようです
すばるもすばるで、「あ、あぁ……」と腕を引っ込めただけ。ヨコのイライラはピークに達したそうですが、その後暫くしてすばるは「メニューちょうだい」と言って、デザートのアイスを注文したのでした。

この話を聞いて、ヒナがまたもや「俺に言ってこいよ!」と連呼。笑。
でもちょっと疑問なんだけど、確かに歯が痛くて最後の方は黙っていた…というヒナですが、こんなやりとりを側でされていたら、絶対に口を挟むと思います
なのに、今回は何も言わずにいた…というのが不思議です。
更にあと2つ。

……もしかしてヒナ、後半寝ていたの?
……席移動してきたマルちゃんの代わりに、亮&大倉テーブルに移動した?

反応がないなんてヒナらしくないなーと思ってしまったんですよね。笑。一体何をしていたんだろう?

今の話で、すばるが「パーを出していた」と思っていたヤスが裏で「何だ、そういうことだったのか!」と言っているに違いない、というオチで、MCは終わったのでした。


・後半は……あ!「ホシイモノハ。」のヨコが歌う大サビ(「君が好きだよ~♪」のトコ)で、何故か客席ではなく、マルと向かい合って、じーっと見つめて歌っていました。これにはマルも苦笑いしていましたね。
・アンコールで、外周からスタンドへの柵を乗り越えようとしたのか、亮が(確か)右足の脛を強打。その痛さに思わず外周へ転がり、脛を抱えて暫く動けないでいたんですが、メンバーは散り散りになっていたので誰にも気付いて貰えず心配するスタッフさんに「大丈夫」とジェスチャーで伝えていました。


●静岡二部
・『ケムリ』のヒナパートで移動時、久し振りに亮が移動しながら大熱唱

・天誅!でいつものように刀を振り払っていたヒナでしたが、刀が(照明?)ケーブルに当たってしまい、大慌てケーブルを纏め直そうとするヒナを見て、すばるがゲラゲラ笑っていたのが可愛かったぁ

<MC>
 福井から2週間空き、メンバーとも会わない日々が続いたそうで、その間何をしていたか?という話がメイン。
 ヨコのバーベキュー話、ずっと大阪にいたすばるの「弟と喋った!弟の友達ともモンハンやった!」と嬉しそうな報告。笑。
弟と喋った報告には拍手が起きてました

 で、ゲームの話題から、ヨコが皆にゲームの主人公にどんな名前を付けるか?と質問。

ヨコ:キミ(Kimiかな?)…本名をつけるから、通信をやっている時にゲーム名で呼ばれるのが恥ずかしいらしい
亮:Ryoooo!(oの数は不明)…「リョーーー!」と言わなきゃいけないから疲れる(byヨコ)
大倉:たちょん…たっちょんと入れたかったけど、文字数オーバーただよしもオーバーだったから、“たちょん”。
ヤス:S…なのに、何故か皆「ヤス!」と呼ぶそう。笑。
すばる:との…メンバーに隠れて始めたから、見られてもバレないように
ヒナ:カカ…ゲーム中に名前を呼ばれると聞いていたから、呼ばれたい名前をつけた。笑。
マル:Oまる(だったかな?)…呼び方は“おまる”。メンバーが大爆笑だったのは言うまでもないでしょう

こんな感じのMCでした

ユニットコーナーの説明前、捌け際に亮がマルを蹴飛ばして、マルがヒナに「亮ちゃんに蹴飛ばされた」と訴えていたのは二部だったかしら?告げ口された瞬間、バツが悪そう~に苦笑する亮でした。

・MC中の演奏は、特別に『あの言葉に』でした勿論、初披露!いやもう、感動~
 終わって、難しかった…と言ったのはヒナ

ヒ「3回間違えたわ」
亮「違う。イントロも間違えたから4回」

……演奏しながら他の音もよく聞いてるなーと、思わず感心しちゃいました

・ダブルアンコールで、恒例(?)のヨコとすばるによる「ヒナ、出し切れ!」の指示が飛び、その瞬間ヒナが「またか…」と苦笑い。それでも「お前がやらないでどうする!」とまで言われてしまい、センターで力一杯踊り始めました。
 ヒナが帽子を脱いで始めたら、外周からすばるが猛スピードでセンターへやってきて、ヒナの帽子を被り、ヒナの前に回り込んで爆笑しながら鑑賞。ヨコもやってきて、センターステージは三馬鹿独占。笑。そんな3人を、外周から「ようやるなぁ~…」的表情で見ている大倉がいました
 歌が終わり、センターステージに倒れ込んで起きあがれないヒナ。そんなヒナに帽子を被ったまますばるがちょっとだけ声を掛けてメインステージへ。その後から来たマルは、タオルをヒナの顔に掛けてメインステージへ行ってしまいました
 立ち上がったヒナが帽子は?と落ちている筈の帽子を探していたら、すばるが自分の頭をチョンチョンと指さして「ここにあるで」と教えていました。


ちょっと駆け足のレポですみません
広島はまた今度~。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。