スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未定 1/23 (ネタバレ)
昨夜、帰宅が遅かったのは『未定』を観に行っていたからです
前回は1階前方で観ていて、音響のせいか、ボソボソッという喋り声が凄く聞こえづらかったんです
多分、半分くらいしか聞き取れなかった…と思います。前後の台詞で間を推測して…みたいな感じで解釈していました。


そんなのをレポするなって話なんですが汗とか


昨日は、2階からの観劇でした。こっちの方が物凄く音がよく聞こえました。
5日目で、少しずつ変更もあると思いますが、特に最後のところは「なるほどね…」と思わされることも多々ありました。


というわけで、以下ネタバレです。



●楽屋(プロローグ)
・「誰からの電話?」に、ファンデーションを塗っていたヒナ、側にあったスプレー缶を見て「わかはだ」(多分汗とか)と答えるものの、自爆して笑ってしまう。「自分で言って笑うなら言うな」とすばる。

・すばるの答えは「おかん」。「おかん相手では会話が変やろ」と言われても言い張り、覗かれないようにポケットに携帯をしまいこんでいた。

・すばるのどつきがかなり強力。

・置いてある雑誌はホットペッパー。

・話を聞きながら、いきなりサイコロを出して遊び始めるヒナ。練習らしい(何のだよ


●お絵かき
・ヒナのお題で似顔絵を描くすばる。亮は結構特徴を捉えています泣き黒子の位置が逆だったけどヒナに、ちゃんと二重にしろ、と言われて二重を描き足す。

・山Pは鼻から描いたら目の位置がおかしくて(苦笑)、最初の鼻が口になってしまった。

・3枚目は逆に、描いたものが誰か当てることに。すばるの手の動かし方ですぐに判りましたよ。笑。ヒナがスケッチブックで頭を叩いて終了。


●10分リミット
・医者すばると浮浪者ヒナのコント。ヒナは「大売り出し」の赤旗を腰に巻いている。
・診断の結果、胡瓜の食べすぎが原因で具合が悪いとすばる。胡瓜を食べずにいられないと言うヒナに、食べたらあかん、と。でも特効薬とか治療方法は分からないらしい。苦笑。
禁断症状に苦しむヒナが自らストーリーを展開。(すばるが膨らまさないのでがっくり自らリードしてました。これは凄い!と思いましたね)母を胡瓜で殴ったから、そのバチが当たったのではないか?と。
・最後はご臨終。


●言葉遊び
・実際に発音してみて、似ている言葉を探そうという遊び。少々強引な部分も汗とか
ウェットティッシュ→うえっとあや(上戸彩)
未定壱→座頭市
など。他にもありましたが(グローブ座等)覚えてません乳がどうのこうの…もあったのに。苦笑。


●関口信五のいってらっしゃーい
・グローブ座ロビー
匍匐前進しているレンジャー。構えられたライフルの先には、何やら小さいカプセルに入った舞台監督(42歳独身)が何してるんすか?という質問に「寝ていた」と答える舞台監督でした

・ヒナの楽屋
何だか少し片付いている気が…。19日にチラッと見えて、確認したかったものが確認出来ず。苦笑。
1回目は鉄アレイと貰ったという5500円のサプリメント(名称忘れた~汗とかあぁこれねって思ったのに
2回目は本2冊。「超大国インドの真実」と「ロシアの闇(?)」。←報道では明かされないこともあるんだよ!と関口氏。

・客席登場
えーと、これなんですが……ちょっと観ていて思ったことなど…

狭い通路だし、物凄く近くにいるから触りたくなる気持ちも分かるけれど、右から左から、前から後ろから触りまくるのはどうなのかと…
特に、せっかくすばるが質問したのに、答えず更に触っている人がいたのにはビックリ(それも通路脇の席ではなく、その隣から
こんなことをしては、せっかくのすばるやヒナのサービスも台無しなんじゃ…?と思ってしまいました

すばるが「これってセクハラじゃないの?」と言ってたけど、立派なセクハラ、犯罪だと思います。
本当はもっと1階後方へ行こうとしていたのに、ある1人の女性にお尻とかまで触られた為、ヒナが「戻って来い」と判断。何だろう…そういうことする人と、同じファンだと思いたくなかったです明らかにやりすぎな場合は、スタッフも止めれば良いのになぁ…。

結局、質問は宮崎から来ていた女性(ヒナがいきなり手を出して「宮崎なら地鶏持ってこいや!」と言ったのにマジで引いていた)とお母さんに…でした。
お母さんはいきなり話しかけられて緊張したみたいで殆ど答えられず。ヒナ達は反応が可愛いと喜んでいました


●楽屋(エピローグ)
・ヒナの意見「時間が押しているから、もうちょっと時間を気にした方がえぇんちゃう?」に対し、すばるは「そんなに気にならんかったけど、俺は。その場の雰囲気もあるし」と、どちらかと言うと聞く耳を持たない感じがっくり
それでも「帰れない人がいると困るから、少しは時間を気にした方が…」と言うヒナ。だが、その想いはすばるには全く伝わっていない為、次第にヒナの口調もキツくなっていく……という流れ。

・すばるの意見「客席に出るところ、あそこもうちょっと何か方法が…」に対しては、「あそこは出来てるから今のままでえぇんちゃう?」とヒナ。

・すると、今度はすばるが「何にイラついているんだ?言いたいことがあったらハッキリ言え」と言いだすんだけど、ヒナは「お前が何度言っても分からんからやんけ!」と次第にキレていきました

・ヒナの口調がいきなりキツくなったのを窘めるすばるですが、ヒナ視点で観ていた為か、「いやいや、そういう言い方にさせてるのは貴方でしょ?」と思ってしまいましたヒナは我慢している方だと思います。私だったらもっと早い段階でキレると思う…。笑。

・ただ、ヒナもその後、2人だけの仕事の場にグループの話を持ち出したのは反則。すばるに「今はそれ関係ないやろ!」と言われても、テンション上がっているヒナは止まりません。

ヒ「えぇよな、お前は!いつもいつも自分の好きに行動して!雰囲気で判断して、歌いたい歌歌って!もっと周囲に目を向けろや!」

と、本音がポロリ。
もう一言何か言いかけた瞬間、言いすぎたことに気づいて口を噤むヒナ。自戒を籠めて鏡台に座ってすばるへ背を向けると、それまでソファーに座っていたすばるが立ち上がり、机上の物を蹴散らし、鏡台を蹴り上げました。「言いすぎやろ!」と叫んでいたかな。

・そんな空気の中で、ヒナがポツリと「おばさん、倒れたんだってな」と呟きます。

・お見舞いに行った時に感じた、すばる母の想いを語る中で、

ヒ「お前が俺の家のことを分かっているように、俺だってお前の家のことは大体分かるんやで。何年の付き合いやと思ってん。いきなり話さなくなったら、変やと思うやろ」
という感じのことを言っていたのが印象に残りました

・最後、すばるが出て行った後に、「言うんじゃなかったかな・・・」とポツリと呟くのもツボ[emoj
i:i-176]

・独白で、「そんなに頑張りすぎんなや。普段通りのお前でえぇんやから」と言っていたのがヒナの本音なんだろうけど、つい口走ってしまった言葉との矛盾がある気が……汗とか


●トーク
・最初の挨拶部分はすばるのみが喋る…という、非常に珍しい光景。笑いもなく、シーンと挨拶を聞いている客席に、「今日も泣いてましたねー。だから嫌なんですよね、あまり泣かれると、ここ(挨拶)がしんみりするから」とぼやくすばる。ここからトークスタート♪

・とにかくヒナが素晴らしい!と褒めるすばる。台本はすばるの頭の中…という状況で、スタッフにもすばるが説明して理解してもらう形。ヒナにも同様に説明すると、彼は一度でちゃんと出来るそうです。順応力が優れているのねあ
ヒナは「すばるが結構細かく説明してくれたから・・・」と言ってましたが。

・また、落語のことも褒めていましたが、この落語、初挑戦なのに一度くらいしかきちんと教えてもらわなかったそうです「(八光さん)時間あるはずなのに…」とヒナ。

・ちなみにこの落語の時、一切出番のないすばるは、「一度楽屋に戻ってスパーッてやってますよ」と煙草吸う仕草をしていましたが……汗とか
あれれ?すばるさん、禁煙していませんでしたか?また吸い始めちゃったの?それとも、時間があってゆっくりしている~というポーズ?

・最後の楽屋シーン前のVTRを、すばるは自分のを見て笑っているそうですが、この後また喧嘩や…と気が重くなっているそうです。ヒナも同感。「キレる芝居って体力使うねんで」としみじみ言ってました。

・ここですばるが「こういうこと言うと、明日からやりにくくなるんやけど…」と言いかけて一度言わないと言ったんですが、客席の「えー?」という声に負けて「あんな…」と話しだしてくれました。てっきり言わないと思っていたヒナは「言うんかい!」とビックリえぇ

すばるが話してくれたこと、それは最後の楽屋シーンの裏話です。

・この楽屋シーンはなかなか決まらなかったようで、2人だけで事務所の会議室で真剣に考えたそうです。ヒナもいくつかアイデアを出したようですが、「何か違う…」と見えない何かに拘るすばる。
机を置いて、椅子(最初は向かい合っていた)を置いて座って、「とにかくガーッと言ってくれ。そしたら俺が途中で出ていくから」と言われ、ヒナは一気に喋りだしました。その内テンションが上がってきて、2人の出会いから今までのことを語り始めても、一向にすばるが出ていく気配はなし。「早よ出てけや!もう話すことない」と思いながら振り返ったら、すばるがマジ号泣していたそうです。それで、自分がこれだけ泣けるんだから、客もきっと泣けるはず…と、ラストのシーンが決まったと言ってました。

・ヒナが話を続けようとしたところ、すばるが唐突に「話全然変えて良いですか?」と言いました。どうぞ…と譲られ、話し始めたのは、妙子ママの寝起きが悪い話。
低血圧というのもあって、親子揃って寝起き悪いそうですが、最近その悪い理由が分かったとすばる。
どうやら妙子ママは起きる時に、昔すばるが使っていたドラえもんの目覚まし時計を使っているそうです。(使ってたなぁ~とヒナ)時間になると「朝です、朝です♪」と言いだす時計だそうですが、これが、電池がなくなってくると物凄く間延びした口調になるそう。で、妙子ママはその状態で起きてきた時がとても機嫌悪いそうです汗とか少し電池がなくなってきたかな?と思える状態があっても、そこから段階を踏まず、すぐに間延びした声になるから、あらかじめ変えたくてもタイミングが難しいと言ってました。

・ヒナは寝起きがすこぶる良いので、そういう状態は分からないと言いました。すると、そこここで笑いが起き……自分が笑われたのかと、挙動不審になってキョロキョロするすばるが可愛かったぁ
笑い声が起きたのは、皆、DVDの寝起きドッキリを思い出したから…なんですけど。笑。

・寝起きの話で、数年前の合宿所生活で、バストイレが一緒なのにすばるがシャワー浴びる時に鍵をかけるのが困った、とヒナが訴えました
当時、すばる&山田と同室だったヒナ。レコメン終わりで帰ってきて、皆が寝ている中、夜中にそっと風呂に入って就寝。翌日は帝劇だから○時間寝られる…と計算して寝たのに、朝6時にいきなりシャッとカーテンを開ける音。更にシャワーを使う音がして目が覚めてしまったそうです。トイレにも行きたかったから、起き上がったら、シャワーを浴びていたのはすばるで鍵がかけられていたそうです。
ヒナ自身は、鍵は開けておいて、「トイレ入って良い?」「えぇで」というやり取りをしていたそうですが、すばるは部屋のすぐ外にもトイレがあるから鍵をかけても良いはずと主張。

また6時にカーテンを開けたことも、朝だから太陽を浴びんと…という考えだったそうですが、

ヒ「寝てる人もおるんやから考えろ!ヤスやマルはそれでも寝ていられるからえぇけど、俺は起きてまうねん!4時間しか寝てないのに!」
と文句を言うヒナ。笑。

2人して「とにかくあの頃は皆が皆イライラしていて、メンバーで共同生活は出来ないと思った…」と言ってました。油性マジックがなくなり、誰が新しいのを買うかで揉め、コンビニでじゃんけんしたこともあったそうです。笑。「100円ごときで何をムキになっているんだか…」と思いつつも、引くに引けない状態だったとか汗とか

合宿所でも一緒、移動も一緒、仕事も一緒で1人になれる時間が全然なかったから、それぞれがストレスを溜め込んでいたそうです。今よりも若かったしね。笑。


取り急ぎトークメインでお届けしました。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。