スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Endless SHOCK (ネタバレ)
昨日は帰宅後、スマ友と長電話してしまったので、レポ出来ず

速報は↓エントリーにありますが、7日は亮ちゃんが観劇してました♪
まさか2日目に行くとは思ってなかったので、ビックリしましたよ~えぇ
でも後ろ姿と、独特の歩き方ですぐ分かりましたが。笑。
ツバと後ろが黒で、前面が白のキャップに、黒パーカー、ジーンズもブーツも黒だったのかな?何となく“黒い人”という印象。笑。センター通路脇の席が空いていて、「ここ?」と確認しながら座る時に、パーカーのフードを被ってました。笑。でもフードはその後すぐ外したみたいです。キャップは取らなかったけど。
ジーンズ?の後ろポケットに水のペットボトル。笑。
私は亮ちゃんの斜め後ろ(距離は少しありましたが)から観劇する形でした。


以下、私主観のレポ(というよりメモ?)です。内容に思いっきり触れますので隠します。


●OP映像
・過去SHOCKからの映像だけど、結構光ちゃんのアップが多かった気が…。
・今、亮ちゃんがNEWSコンでやっているフライング映像があったので、「これよこれ!自分のとどこが違うかちゃんと見ておきなさい!」と背中へ念を送っておきました。笑。

●プロローグ
・WSで衣装を一新した、と紹介されていた通り、全体的に結構変わっていた。最初の指揮者衣装も違ったような…。
・今年はクルリと客席に振り向いてすぐ語り出します。「SHOCKの世界へ~」と言ってるので、この時点ではまだ光一さんのようです。
・ヨネハナ&マチダの銀ジャケットとMADの青ラメジャケットは……なんかちょっと浮いてたなぁ
・WSでのたっちょんの立ち位置から、オーナー役だというのは分かっていましたが、やはりオーナー役でした。去年のアッキー同様、客席でのご挨拶から始まります。
客いじりももちろんあり……。「今日は誰にしましょうか?」と言いながら、亮ちゃんの側へ。笑。

オ「あ、こちらの方にしましょう。どちらからいらっしゃいましたか?」
亮「…大阪です」
オ「大阪ですか!お名前は?」
亮「錦戸亮です」…ちょっとだけ周囲を見て会釈っぽく頭を下げる。場内拍手。
オ「錦戸さん!偶然ですね。僕の友達にも錦戸って人がいるんですよ…」

何とかこのアドリブシーンをクリアしたたっちょん。その後のセリフで早速噛んでました汗とか
・プロローグ最後、暗転した中で、ちょっとおどろおどろしい雰囲気でセリフを言う所があるんですが、そこは……もうちょっと頑張りましょう、かな。去年の声音使い分けが見事だったので。
亡霊に怯えるお芝居は良いんだけど。

●千秋楽のステージ
・コウイチの衣装が新しいものに!黒ラメっぽい感じです。マントは金のままなので、色合いがクッキリ鮮やかに。ヤラは青スーツ。
・途中のイリュージョンから、オオクラはピンクスーツ。コウイチも白なので、華やかな印象に。
・ステッキダンスでコウイチがステッキを落とす。→後程、アドリブにその話を組み込む。
・車イリュージョン後のスモークが凄く、ターンが上手くいかない。→次のバックステージでのアドリブでも言ってた。
・ピンクスーツのオオクラはとても見栄えがして(手足長いし)色っぽくもあるんだけど、ダンスがちょっとクネリ気味汗とか

●千秋楽のバックステージ
・オオクラのオーナーは、お坊ちゃんな二代目オーナーという印象。カンパニーからの扱われ方も、ちょっと年下気味な感じ。「もう、皆言うこと聞いてよー!」という感じでジタバタしているのはコミカルで可愛い
・コウイチはピンクスーツがお気に入り?そのネタでからかっている。
・ヤラが自分だけ名前呼びをされているということから、リカは自分を好きだと思い込んでいるという設定に。

●屋上
・リカがコウイチにネックレスを渡している所からヤラ登場。その場面を見てしまい、自分がリカに渡そうと思っていたプレゼント(指輪)を隠すように。
・オオクラの声は低いのでどうするかな?と思ったら、高音をなくして歌っていました。リカも「ソプラノに定評がある」と書かれていたけど、メゾだったような…。ハーモニーはこのVer.も綺麗キラ
・翌日、ブロードウェイで何を観たいか?というセリフが加わっていて、次の場面で踊るものが分かりやすくなる。

●ブロードウェイ
・ダンス等かなり変わっていてビックリえぇうーんうーん…去年までのダンスで好きな振りが結構あったので惜しいなぁ~汗とかと思ってしまいます。苦笑。特に『Shall we dance?』のトコ。
・衣装は、リカがここでスカートなのって初めて…な気が?オオクラは1人スーツ。オーナーだからビシッと決めたそうですが……ちょっと浮き気味。苦笑。
・『42nd Street』のタップにオオクラが参加。『ウェストサイド』で移動時にオオクラが滑ったら、後ろにいたコウイチはそれを見逃さず、すかさず頭を叩いていたあその後、対峙するフクダにも叩かれていた。
・ナオキを発見するオオクラ。そこから暫く、ナオキの横にいて、パフォーマンスを見ている。リズムに合わせて自分の太腿を叩いたり。あー…一緒にやりたいのかな?とちょっと思ってしまった
・8日夜は、ここでナオキが稼いだお金をコッソリ胸元にしまっていた。笑。最後はちゃんと戻していたけど。
・そんな風にナオキの側にいるので、『Continue』~新聞発見までのダンスには参加せず…これ、すっごく悔しいんですけど躍らせてください。最後は入っていたけどさ、最初から踊っている所が観たいなーと
・新聞を読みながらベンチを後ろから跨ぐオオクラが格好良い
・バラバラになったカンパニーの心。コウイチのモノローグに「あれから半年…」というセリフが加わり、オンブロードウェイ公演へ。

●ワールドアドベンチャー OP
・外人ダンサーさん4人がステージで踊る中、水色スーツに青ハットのオオクラが下手から登場。外人ダンサーに混じって踊る。←この場面、初日にはオオクラはいなかったそうです。
・幕が開くと、既にコウイチもヤラも揃っている状態。マチダとマツザキ、コシオカの元へ行き、全員で踊り出す前にハットを袖に投げる。

●アメリカ
・ダンスが変更。うーんうーん…ここも前の方が好きだなぁ……。何かコミカルというか、そんな感じになってしまっていて

●ジャングル
・火を持ってくるのはマチダとヨネハナ。
・最後、ダンサーさんが4人しかいないので(コウイチ含めて5人)、ちょっと視覚的に物足りなさが

●チャイナ
・青チャイナ服のオオクラ。タップを頑張っていますが……要練習かな?汗とか足を開きすぎなのか、上半身がグラついてるのが勿体ない

●スペイン
・屋良の出とちり。衣裳のジャケットを半分着ながら駆けこんでくるのは分かりやすいにっこり

●ギリシャ
・ロープを回すのはヨネハナ。遠心力で一緒に飛ばされそうな気がして怖い下ろす時もヒヤヒヤだし。オオクラは後ろを隠す壁。タツミやフクダもロープの勢いを止める方に回っていた。

●楽屋
・セリフの割り振りが色々変更。(当たり前だけど)

●ジャパネスク
・衣装が結構変更。以前は武将vs武将だったのが、武将vs山賊(夜盗?)のような感じに。羽織袴ではなく、味方は黒の忍装束みたいな感じ。敵は毛皮…メイン。ヤラは右足が生膝でサポーターなし。
・衣裳の変更で敵味方はかなりハッキリ区別されたけど、正直な所私は特にヤラのボディペインティングが
彼の野性味溢れるヒールっぽさを出すには良いのかもしれませんが、私は以前の金と銀、太陽と月…な対比の方が好きでした。
・コウイチとヤラの対決はスピードが更に上がっていて、かなり見応えあり!特にヤラの二刀流は凄く早い!
・オオクラの一番の課題はここ(キッパリ)。はっきり言って、全然動けていませんがっくり突っ立っていることが多かったです。殺陣はもっと重心を下に落とさないと、見ていておかしいんだよなぁ…。周囲が低く構えているし、スピード感もさらにアップしているから、余計悪目立ち状態がっくり
せっかくの長槍も全然生かせてないし、殆ど敵と絡まずボーッとしていたように見えました。コウイチの右腕…という位置なんだから、声出しだけじゃなくてもっと動かなきゃ。
・自分の刀を差し出す場面。斬られた後一度捌ける形に変更。ヤラが刀を落とすのを袖で見ていて、慌てて出てきた……という感じにしたのかな?多分そういう演出にしたのかもしれませんが、何か中途半端だったなぁと汗とか
殺陣に関しては恐らくリハ不足と思うので、今後、慣れて改善されることを望みます。

・階段落ちしたコウイチを追って、階段を途中まで駆け降りるのは新鮮。

●幕間
亮ちゃん、最初に入ってきた方へ戻ろうとして、慌てて劇場スタッフに別の出入口へと案内される。
二幕も同じ席で鑑賞。やはり後方から入ってきました。

●シェイクスピア劇
・オオクラの苦悩から始まる二幕。コウイチは安定。セリフを引き継いでのオオクラ・ハムレット。ちょーっと早口かな
・ヤラのリチャードは、過去リチャードの良い部分を取り入れているような感じ。でも何かがちょっと違う…。
・リカは……正直ここのシーンのお芝居は苦手です

●オオクラの想い
・オオクラの見せ場として新たに作られた場面。ピアノソロ(『追憶の雨』)からモノローグ、歌とダンス…という流れ。
・歌は嗚咽しながら歌うので、結構難しいんじゃないかなぁ…と。しかも途中から、コウイチが別の歌詞でユニゾンっぽく入ってくるので、少し聞き取りにくい部分も汗とか
・ダンスは、コウイチを思い出すオオクラという感じ。こちらも歌同様、途中からコウイチ(回想の中の人)が背後で加わる。このシンクロダンスがピッタリ合ったら本当に凄いだろうな~
・回想のコウイチは途中で去って行き、リカと看護婦さんのやり取りに繋がります。

●楽屋
・コウイチ再登場の方法が変更。その時、鉄パイプに足をぶつけたそうで、「こんな所にパイプがあるなんて…」とマジで痛がっていた
・コウイチの銅像初披露。頭を叩くと「Show must go on」と言う。笑。
・コウイチがどれだけ元気か?と表現するアドリブはビリー。オオクラ1人、腕の回す方向が逆ひとしきり運動し、「その銅像はどうしたんだ?」と尋ねるコウイチに答えようとしたオオクラだけど、かなりゼーハー息を切らしていて……汗とか

コ「ちょっと待てオオクラ。お前…今のでそんなに息切らしてんのか?」

とビックリえぇ
平然としているコウイチとは対照的に、壁に寄り掛かりたそうなオオクラ。
「これだけで?」と、試しにもう一度ビリーをやるコウイチに付き合う3人。再びセリフを言いかけて、更に息を切らしているオオクラに…

コ「お前、本当に体力ないなー」
オ「ビリーはクる…」

座長すみません、情けない体力でがっくり

ちなみにこのやりとりで、座長のS魂に火がついたのか(笑)、8日夜もビリーをやっていました。やはりゼーハーするオオクラに

コ「運動不足だぞ」

キッパリ言い切ってました
でもオオクラさん、本当にあれだけであんなに息切れるものかしら??
・8日夜のステッキダンスでオオクラがステッキを落としたのを見逃さないコウイチ。踊りが終わった後、即座に指摘してた。

●ダンスバトル
・コウイチ&MA2人とヤラ&MAD4人でのダンスバトル。スピーディーで見ごたえはあるんだけど、いかんせん人数バランスが悪い今までは4vs5だったからまだ良かったんだけど、今回は3vs5だから…仕方ないんだろうけど、どうにかしてほしかった。

●記者会見
・さすがにオオクラを足蹴には出来なかったらしい…(爆)自分がセンターでフラッシュを浴び、勘違いしているオオクラは可愛い。
・8日夜はオオクラがセンターに出る前に、コウイチが記者に「こいつがいいこと言いますから(聞いていて下さい)」と言ったんだけど、オオクラはただポーズを取っただけ
コウイチは「何か言えよ!」とガックリがっくり

●最後のショー
・パーカッションの部分が大幅に変更。ナオキはツインスネアドラム(1つは鉄琴のような金管?打楽器)。
・リボンフライング後、大太鼓を叩く前にコウイチが両手をブルブル振っていた。相当腕に負担がかかっているのね汗とか
・2人で大太鼓を叩いている間に、いつの間にか隣に移っているナオキが格好良い。
(オーケストラピットにコウイチとナオキが飛び出てきた時、亮ちゃんはビクッとなっていた。笑)
・2人のセッションが終わった後、最初に太鼓を叩くのはオオクラ。本領発揮♪
・ラダーフライングをちゃんと仰ぎ見る亮ちゃん
・ラダーフライング時のバックの太鼓も、センターにいるのはオオクラ。ヤラはその後、リチャードと同じセリ上がりから登場するように。
・マスクの衣装が1つ変更。シルバーと黒と紫。
・『夜の海』をオオクラもヤラも踊るえぇ。オオクラとヤラがシンメ!←これに一番ビックリした汗とか
ここはかなり頑張っていますよ~一幕の硬さも取れている気が…。
・ステージ左右の壁に移動して言っていたヤラとリカのモノローグも、ステージ上で…に変更。女性ダンサーもいるからゴチャゴチャしている気も モノローグにヨネハナとマチダも加わる。

●大桜
・コウイチが倒れるのは、大桜のシーンになり、舞い散る花びらに手を伸ばし、触れそうになりながら倒れる。
・泣き顔がぶちゃいくなオオクラとマチダ。苦笑。
・コウイチの白ロングコートの裾が二重にひらひらしている。

●Ending
・光一の後に青スーツの屋良登場。その後がMAで3人揃って挨拶。たっちょん(ピンクスーツ)は最後から2番目。光一を紹介する役目。
……正直、この順番で良いの?と思ったけど、パンフレットによるとたっちょんは「Special Guest」らしいので、これで良いのかも…?
・「ありがとうございました」と小さく呟き、一礼した後、亮ちゃんの方を見てニコッと微笑むたっちょんにっこり終わってホッとしたような表情。
・光一の黒衣装も新しくなる。ジャケットは膝丈襟に沿っている金モールはかなり豪華な印象。コサージュは中心が黒で外側が金のバラ。
・全員を呼び込んだ時、ピンクスーツを見て何か言ってた光一。やっぱりお気に入り?

●カーテンコール
・光一の挨拶。
「今回は大倉が加わり、新しい風を吹かせてくれています」「今日は錦戸が観に来ていますが、今まで出演してくれたキャスト全員で作り上げた…」云々。
・全員揃って挨拶し、下がった時にも、たっちょんはもう一度亮ちゃんの方を見てニコッと微笑んだにっこり目線的に多分亮ちゃんを見て…だと思う
・スタンディングオベーションになり、少し遅れて亮ちゃんも立っていました。ちゃんと拍手もしていた。


というわけで、少し長くなったけどSHOCKメモです。


たっちょんは頑張っていました。一幕は余裕なさと硬さがかなり窺えましたが、二幕は少し落ち着いたのか、踊りも一幕よりは良くなっていたと思います。

あとは必死に追いついていくのみ…かな。殺陣は経験不足もあるから、相当大変だと思うけど、課題部分のクリアも目指して頑張れば、良い結果に結び付く……。そう信じています。

他、気になったのは……人数バランスの悪さがっくり
屋良ちゃんをライバル役にしたから仕方ないことですけど、対比のバランスが悪くてあそこまで踊れる人はなかなかいないかもしれないけど、そこはどうにかして人数を調整してほしかったです。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。