スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少クラプレミアム
今月のゲストはたっちょんキラキラ(緑)


トーク内容はほぼ聞いたことがあるものでしたが(苦笑)、話したことで
たっちょんが「スッキリ」したのならそれで良いかなーと。笑。
話さなかったこともあるけどね
(エイトに入るのを一度断ったこととか…。カットされたのかな?)


ヤンキーの兄ちゃん印象だったすばるとヒナ。
そのヤンキーのボスだったヨコ。笑。
それでも、滝沢ドリボの時の話は、やっぱりおとんっぷりが垣間見られました。
「見せつけてやろう…」という貪欲さが格好良い


身内のことを話すのだから、呼び捨てにするのは当たり前なんだけど、
いつもは「亮ちゃん」なのが「錦戸」と呼んでいたのは新鮮でしたあ
会わない間に気ぃついたら大きくなっていた…話もおかしかったし。笑。
遠く感じて最初は喋らなかった…というのも分かる気がするなぁ……。


自分のマイクを貰えて感じる嬉しさ、苦しい時期が長かったからこその喜び等、
太一も経験してきたことでしょうから、たっちょんの想いを理解しやすかったんじゃ
ないかと思います。



『イッツマイソウル』は相変わらず楽しそうで♪
かーなーり、自由な人が2人ほどいましたねぇ……。苦笑。
ラストのすばるはちょっとやりすぎ?と思ったけど汗とか
ちゃんと程度を考えないと、ダメだぞ


『Eden』もまたアレンジが少し変わって、新鮮でしたピンクのきらきら
太一のキーボード(というより、オルガンに見えた)の周囲を
グルリと囲んでの演奏も新鮮だったし♪
何より亮ちゃんがメガネ!ハート8くぅ~~堪らん!


ただ、1つ残念だったのは、せっかく47ツアーで頑張っていたのに、ヒナがタンバリンに
戻ってしまっていたこと。
太一がキーボード担当だから仕方ないんだけど…涙
キーボード2台でも良かったのになぁ……。勿体ない泣き顔

すばると亮ちゃんのユニゾンは、相変わらず良くて、泣きたくなるくらいでした
カメラワークも良かったし。
何より、2人が太一を挟んで対角線上にいて、声を合わせる時にお互いを見られる
位置にいたってことが、非常にツボでした羅琉 ニヤリ

さっきからずっとリピッてます。笑。


ED。
真剣なモニターチェックにまたうっとり。
団子状態にかたまっているのが、エイトらしくて良いなー


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。