スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレゾン 7/14
プレゾンを観てきました。
本当は19日に行く予定でしたが、友人が声を掛けてくれて今日も入れることに。
見終わった後、「行って良かった~」と思いましたよ。
例え、帰り道雨で靴がグショグショになったとしても


以下、ネタバレになるので隠します。
初日や2日目に入った友人からネタバレはしてもらっていました。

話を聞いた段階では、正直、2幕の構成は不安でした
その謝罪シーンの意味は?とか、これを大阪楽日まで約2ヶ月、毎回やらなきゃいけないの?って

作られた、お膳立てされた謝罪シーンはイタイだけじゃないのかな?
これを少年隊ファンの方々はどう思うのか…等々。
考えれば考えるだけ、これってどうなの?と思ってしまっていました


でも、そんな心配は、eighterである私にとっては杞憂でした


博貴も草野も一生懸命頑張っていました。
あのシーンは、新しい自分に生まれ変わるチャンスを貰った…という、今回のタイトルにピッタリ嵌っているんだな…とも思えました


まぁこれは、ファンだけが思うことかも知れませんが


レポは既に出きっていると思うので、今日のレポは簡単にします~。




噂通り、カフェのシーンは可愛いです「オーレ、オーレ、アイスオーレ!」は本当に可愛すぎ~
そして、カッちゃんと草野と3人で歌うシーンと、2幕の懺悔シーンでやはり泣きました
もう、そこにいてくれるだけで、そこで歌って踊っているだけで嬉しくて


その他諸々…。

・カフェのシーンでお盆を回すとこで少しバランス崩したけど、左手で押さえて堪える。

・マスターがTVをつけた時、一緒にビリーっぽい動き一瞬だけだったけど、あれは多分ビリーだと思う。

・公園のシーンでマイクを取ってきた後、カッちゃんが「今日はお前がやれ」と博貴に振る。博貴は「俺ですか?」と驚いていたので、もしかしてアドリブ?

<アドリブらしきこと>
覚悟決めた博貴が「俺は…」と言いかけたら声が裏返ってしまい、カッちゃんに笑いながら止められる
再びやり直したんだけど、「俺はオーレ、オーレ、カフェオーレ」をいきなり仕切るのは照れもあってか、途中でグダグダに「先輩、いきなりは難しいっす!」と訴え、ペタンと正座してごめんなさい、とやってたのがもう可愛くて可愛くて…どうしようかと。爆。
そんな博貴に、カッちゃんが笑いながら「後で練習しよう」と言ってたので、今後ここは3人の誰かがやることになるのかなー?と思いました

・2幕の告白(懺悔)シーン。亮ちゃんのことは呼び捨てでした
「錦戸亮…ごめんな、色々迷惑かけて。いつもありがとう」と言ってましたよ。
エイトとNewSのメンバーに呼びかけた後も「ほんまにごめん」と言ってました
言葉1つ1つを噛み締めるように言う博貴。
その後、草野ソロから歌が始まるんですが、下手から観ていた私には、博貴の背中が泣いていたように見えました。多分涙は堪えていたと思います

・ちなみにこの告白シーン後半の錦織さんの衣装が、『蒲田行進曲』の
銀ちゃんを彷彿とさせるものでした

<衣装>
背が高くて手足長いから、本当にギャルソン衣装が似合います
あと、ジーンズに白シャツも、赤のいかにもステージ衣装なのも、千年メドレーの和物も、最後の白スーツも
↑要は何でも良いのか?私

白スーツは、身長バランスから晃とシンメになってほしい!と思っちゃいました無理なのは分かってるけど

尚、ステージフォトは現在第2弾まで大切に保管しておきます。
ジャニショ写真は、博貴単独で3種類。MADと一緒に映っている写真は全部で4種類…くらいかな?


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。