スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神戸6/10 一部…1
神戸一部を観てきました。
無駄に長いけど、一応レポを書いたので、備忘録としてアップします

ちょっと長いのでエントリーを2つに分けますね


では、続きを読む、をどうぞ


神戸国際会館は高さがあって、ウッディー感が強く、非常に見やすい会場でした。ちなみに席は3階最後列下手脇は死角になってしまいましたが、全体的に見下ろせて良かったです。

14時開演。地元に近いせいか、メンバーはOPからテンションUP

今日ついていたJr.はベテラン4人とLittle GANGSから6人。真鳥他。

『ズッコケ』Aメロで、亮が伸ばした腕をわざとヒナの顔(鼻の前)に近付けたら、ヒナが亮の人差し指に鼻をくっつけたその時、汗か鼻水がついたようで、亮は苦笑いしながらパンツの太股裏で拭いてましたBメロでは、亮とすばるがうたばんの時のように同じフリして遊んでた亮が頑張ってすばるのマネしていて可愛かったぁ
でも、『関風』イントロの最後で、亮は珍しくバランス崩したんですよね。すばるに何かされたか?笑。

『好きやねん』では相変わらずヒナがヤスのマイクを倒して遊ぶ。間奏で2人が向き合って密着。そしたら大倉がヤスの背中から密着。爆。暫く3人でひっついてました しかもヒナはヤスのシャツを左手で引っ張りだそうとしていたし←離れたらヤスのシャツがベローンと出ていたので発覚

最初の挨拶でヤスがいきなり「俺の地元ー!安田章大です!」と叫ぶ。マルは意味不明なことを叫んで捌け、ヒナに「何だ、あれ?」と呟かれる
そんなヒナは、ヤスの家族が見にきていると話し、ヤス父に背中を押さ
れたエピソードを披露♪
ヨコはおとなしい挨拶で「謙虚にいきますのでよろしくお願いします」。亮は「僕も生まれは兵庫です。アマと神戸は違います!僕も尼崎生まれです」と。

一部のソロはすばるBAND、ヨコ、ヤス、マル。和歌山とは逆だったようです。ヨコソロは何故か最初から笑いながら歌っていて、サビでは歌詞が飛んでしまうモニター見ながら歌っていましたよ。ありえない


●レンジャー。
「好きな人が出来た」と言ったヤスに、ヨコが「それ、お父さんお母さん、知ってんのか?」と尋ねる。答えは「知らんと思う、多分」。
この時かな?背中にへばりつくすばるの股間をマルが触ったかと思ったら、すばるがマルから離れた時に亮がチラッとすばるの股間を触ってたのは何遊んでんだか

告白はヒナ、マル、大倉。
ヒナは神戸出身の彼女とデート中の設定。「南京町とかあってえぇ町やな」と言いながら出航する船を見て一言。「俺もいつかは、お前と一緒に人生の船出したいな」と、サラッと告白

マルは好きな色やラッキーカラーという関係ない話から、「付き合ってください」と土下座。ヨコから最初のくだりはいらないとダメ出しもう一度ヘルメットを取ってやったら、ヒナがヘルメットを下手袖に放ってしまう立ち上がって走って取りに行くマルは犬のようでしたそれを見ていたヨコが「ナスがイラッとしてる」。笑。

大倉は昨日の夜という設定で「警備員の目を潜り抜けてよぉ来れたな…」と始めてしまい、ヨコ他から「昨日の12時半の出来事だ!」、「リアルや!」と突っ込まれ、「違う!想像!」と大焦りなかなかメンバーがリアルだという茶化しから離れてくれない為、大倉は昨日の夜23時半設定でやり直し携帯を切ろうとしたら何かねだられたらしく、隣室から物音が聞こえないかと壁に耳当てて確認してから「好き」と囁く
するとヨコが「昨日確かに言ってた!」とまたまた茶々入れ逆側の隣の部屋だったから聞こえたというヨコに、大倉完全KO。爆。

その後、大倉は拗ねてしまい、ヤスの告白返事場面で、ヒナの手を振り払って皆から離れ、階段に寄り掛かって座ってました
ちなみにその時、すばるはマルに座椅子にして密着

ヤスの一発芸は“錨”。彼女の台詞が「面白い面白い」の棒読みに変更。

彼氏は文ちゃんいやぁ素晴らしかった 


ヨコのヤスと彼女の引き裂き方は、両親に気を遣って「ずんぐりむっくり」とは言わず。おかげで変な方向へ

今、どうやらヤスの頬?にデキ物が出来ているようで、それを指摘したヨコ。(その前にむくんでいるとも言ってた)ヤス曰く「髭の穴からゴミが入ったから出来た」んだそう
「デキものは治るんや、そのうちな」とヤスが答えたら、ヨコがいき
なりヒナに「お前治ってへんやんけ」と指摘
ここからヒナの肌に話の矛先が変更しました。

「治っとる!」「治ってない」の応酬が続き、しまいには「ほっぺたへっこんでる」とヨコ
ヒナは「塞がるわ」とか「埋めたらえぇねん」とか返してましたが、ヨコが全て揚げ足を取ります
確かにヒナの肌は荒れ気味しかもこのやり取りを聞いてい
た大倉が堪えきれず、爆笑。それもマイクに入ってるから響く響く

最後は「(気になるなら)見んな!」と言ったヒナ。それでヤスに軌道修正したんだけど、ヒナが間に入ったらヨコが「うわっ、見てしまった 」と顔を背ける
痺れを切らしたヤスが「もういらんこと言うな!俺のことなんてほっとけや!」と割り込み、喧嘩の矛先がヒナに向いたまま無理矢理捌ける。
すると亮が「自分が肌綺麗だからってそんなことばっか言うな。デキ物が出来たってな、アイツみたいに強く生きれるやんか!」とアドリブ入れて殴る
ヨコ、亮、マルが捌けた後、すばるにどうしよう?とヒナが聞いたら、すばるはヒナの顔を見て「見てもうたー!」と逃げ去る。笑。大倉も「うわぁぁ!」と走り去り、ヒナが「埋めたらえぇねん」と捌ける。


ヨコと亮の仲直り。亮は「木曜日はアイツの肌、見てるもんな」みたいに言ってたけど、これってヒナの話だよね?ヤスの立場は?

すばるソロも何だか笑いを堪え気味に歌っていた。ヤスがマルに抱きついたら、勢い良すぎて鼻から下辺りを強打その後のヤスは半涙目痛そうだった

彼女を殴れなかったヤスを抱き締める亮。そのまま軽く持ち上げてみる。笑。

ヤスのお礼で前屈したすばるの顔が真っ赤(byヒナ)
ここでヨコがいきなりヒナに言い過ぎを「ごめん」と謝り、ヒナもそれに対応しようとしたら、ヨコが階段上にあがれと促す。
ビックリのヒナは抵抗するも、ヨコに加担したすばるにも促されてしまう嫌がるヒナは「じゃ一緒に…」とヨコを道連れにし、すばるも二人を上げようとする。今度はヨコが抵抗してすばるも一緒に上がろうと、3人で暫しもみ合い。爆。下4人は「一緒に上がれば?」と声だけ参加

結局、すばるは逃れ、ヨコヒナだけで階段上へ「2人合わせて31歳!」と嬉しそうなすばるでしたが、計算が違ったんですね誰かに「51歳だよ」と突っ込まれてました。
「ありがとう」と言い、2人で歌い出す。勿論振り付きそれを見て、すばるは「キッツイ!」を連呼自分がやらせたのに下4人は大爆笑で、特に亮&大倉は転がって笑っていた。


『ありがとう』のサビ繰り返しで、3人がエアロビみたいな振りをやる ヨコ発信だったから、ビリーかと思っちゃった。爆。バックの関ジュも同じ振りをしてました。

『おばロック』では亮、すばる、ヒナ、大倉が2階3階に登場
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。