スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奈良
三重から奈良へ移動。こちらも友人に便乗させて貰い、一部だけ観てきました。
以下、ネタバレです。


亮ちゃん、右手中指を負傷指に包帯らしきもの(厚み的にはテーピングっぽいけど白かった)を巻いていました。実は昨日の三重二部、MC中に右手中指の爪の辺りを気にしていたので、爪でも割ったかな?と思っていたんです。一度袖に捌けていたし。でも、ダブルアンコ後に逆立ちもしていたから、そんなに酷くなかったのかな?と思ったら、一夜明けて包帯…ビックリしました。
爪なのか、筋を痛めたのか…曲げられてはいたので、骨折ではないと思いたいです。
最後の挨拶で、たっちょんは亮ちゃんの指に気遣ってくれたようで、親指から手首辺りを握っていました優しい♪

ヒナも胸元にガーゼとかと止めるような絆創膏テープ(白いヤツ)をしているのが見えました。何か(注射とか点滴)の跡?でもそんな所にするかなぁ?うーん…やっぱりまだ風邪が治り切ってないのかな
そんな2人はちょっとテンション低めで
ヒナが体調悪そうな代わりに、OPから飛ばしていたのはしょーたたっちょんに飛び跳ねながら体当たりしたり(後で叩かれていたけど)、マルと一緒に盛り上げ隊長してました。


OPで、ヒナ、たっちょん、マルが鹿の角カチューシャをつけて登場か、可愛いマルはアンコールにもつけて出てきていましたよ。
ちなみにこれ、帰りに出口の所で売っていました。笑。

ズッコケ衣装、亮とすばるはインナーの濃ピンクシャツを着ておらず、タンクトップかTシャツの上にジャケットを羽織っていました。
「粘ってこーぜ♪」の所で、いつもはしょーたに絡むすばるですが、今日は音の返りを上げて!の指示をスタッフにしていて絡まず

Edenで、しょーたのアンプがおかしくなってしまい、弾くのを止めちゃいました結構ハウリングしていたんですよね。
途中で直ったようで、最後の所と亮ソロは弾いていました。


レンジャー。
すばるのマルに対するセクハラがグレードアップかなり乳首触ってました。苦笑。……昼公演なんですけど、すばるさん

告白はマル、たっちょん、亮。すばるはマルの後ろに隠れて、指名されないようにしてました
マルは風邪を引いた彼の所に看病に来てくれた女の子への告白。
たっちょんはワンナイトラブの相手との会話。たっちょんは彼女アリの設定で、「別れたら付き合おう」だったかな?爆。……えーと、だから昼間なんですけど
メンバーからサイテーやな、と言われたたっちょんの代わりに振られた亮ちゃん。たっちょんと同じ設定でやるも、更にドツボに嵌り(「彼女おるけど、お前とも付き合おう。お前が良かったら…」みたいに言ってしまう)、「普段の僕はこんなんじゃないです。ヘルプミー!」とメンバーに助けを求めて強引に終了。苦笑。

しょーたの告白結果を覗き見ている時、マルの陰で亮とヒナが何かこそこそ話していた。立ち上がった時の亮ちゃんが笑顔だったので、とても気になったけど、マルが邪魔で全く見えず
でも、メンバーの元に戻る時、ヒナに駆け寄った亮ちゃんでしたが、何故かどついてました。笑。そのすぐ後、ピタッとくっついて、何かの拍子にへな~ってなってたけど一体、あの反応は何だったんだろう??

彼女のオトコは大智。彼もワルが嵌っていました~

メンバー仲違いシーンで、ヒナがどうしてこんなことで揉める…と困って、すばるに相談したら、いきなり「取り敢えずじゃあキスしようか」と一言驚きながらもヒナは「俺らのことは置いといて、ブルーの様子を…」と続ける。
その後、たっちょんに話を振ろうとしたら、たっちょんは何も聞かぬままに「はいっ!」と返事をして捌ける。ヒナは「お前は飲み込みが早いな」とアドリブ。

しょーたが彼女のことを殴れなかった時、何故かなかなか立てず(その時の台詞をちょっとつっかえたから?)、亮ちゃんが「お前頑張った!本当に頑張った!」と抱え込むようにして立ち上がらせ、ガシッと力強くしょーたを抱き締める。

しょーたの「ありがとう」で、すばるが深いお辞儀をせず。
ヨコもサラッと「ありがとう」と言って、すぐに歌になるかと思いきや、イヤモニをつけ忘れていて…慌てて耳に嵌めようとしたけど、イントロに間に合わず、せっかくのソロがボロボロそんなヨコにメンバーは崩れ落ちて大爆笑。爆。

『ありがとう』でしょーたがヨコに失敗したソロと同じ歌詞パートを「歌って♪」と振る。


MC。
昨夜、地元の友人に「相談がある」と呼び出されたヨコ。子供の話の相談だったようなんですが、その話から何故か「親は、子供で女の子って欲しいと思うよな」という話に。
女兄弟がいるメンバーの両親もそうだろう、とヨコ。
亮ちゃんの所は3人男が続いた後の女の子だから、可愛がったんじゃないか?と聞いたら、亮ちゃんってば、「僕の亮は“終了のリョウ”って言われていて、妹のモエは“もうえぇのモエ”っておかんに言われていた。だから小さい時、その話になると妹はいつも泣いてた」と爆弾発言。冗談でもシュールすぎるよ、亮母

三馬鹿のトコは、自分達も同級生だけど、弟も皆6歳離れていて同級生だそう。その延長で弟はどんな弟なのか?という話題に。

たっちょんも三人兄弟(1歳下と5歳下)で、実は一番上。「ぼんやりしていて、一番上なのが想像出来ない」というヨコに、「俺、家ではしっかりしてるんやで」と反論するたっちょん。「(しっかりしているように)見えない?」とちょっと不服そうでした。笑。
ちなみに、弟はたっちょんより背が高くてモテるそうで、ヨコは写真見せてと言ってました。

ヨコの所は一番下がブサイクだと兄全然似ていないと。誰か(江口洋介?)を3回くらい死なせた感じ…と言ってた気が

ヒナの所はすばるに「正露丸」と言われている…と言ったら、すばるが慌てて「夏だけな!」とフォロー。確か野球やっているんだっけ?

ヤスのお姉ちゃんはブサイクだと、石田さんが言ってたのがメンバー内に広まった。でも、2年前くらいにヨコが会った時、そうでもないと分かったそう。

亮ちゃんの妹(昔会ったことあると答えてたのはヒナとヤス…ともう1人くらいいた)は、お父さんに似ているそう。
ちなみにお父さんはイラク人そっくりで彫りが深いと亮そんな風に言うな!とヨコヒナに怒られる。えーと、何か(バイク屋さん?)の看板に似ているそうで、亮ちゃんは小さい時にその看板を見て
「あ、お父さん!」と言っていたと自己申告。

ヒナ父はヒナそっくりで、髪を白髪にしただけ。笑。ただし、お父さんの方が、鼻が大きい。笑。

ここでヨコがちょっと自分のことを言いかけた瞬間、ステージ上の空気が固まるヒナがすかさず、「それ以上はアカン」と強引に止め、「後で俺らが聞くから」とも言って、無理矢理MCは終了。

『いつかまた』の準備中、マルがヨコに「自分には話が振られなかった…」とぼやいたようた、確かに忘れられてたような「レンジャーで振られる回数も少ない」とぼやき始めたので、それは楽屋で話し合うことに。


三重から、『いつかまた』の後にアルバムCMを流してくれるようになりました。もうじき、レコード店店頭で流されるようです。これ、欲しい


こんな感じ…だったかなぁ?
ちょっと思い出せない部分も多々ありますが、MCが笑えたので良しとします


あ、関ジュの8月松竹座は、8月6日~23日でコンサートと決定したそうです。MC頭で告知していました。翼のもこの期間内にやるのかどうかは分かりません。





コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。