スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔法の万年筆
パルコ劇場で上演中の、吾郎舞台を観てきました。

携帯からは隠せないので、ネタバレにならない程度に感想を。笑。

今年のはコメディで、去年の舞台がドロドロで重かったせいか、気楽に楽しめました(^O^)結構笑えます。
コメディの中にも、しんみりする場面もあったりして、テンポは良いかも。
でも、ちょっとだけ中だるみしたけど(^o^;←これは私の集中力の問題?

吾郎は、舞台のコメディは合う気がします。ドラマだとちょっと厳しい時もある(>_<)
ん~…何で?

共演者の方々も、一癖二癖ある人が多く、楽しい!
特に久世星佳さんと河原雅彦さん、山崎一さんのシーンは素晴らしいです(^O^)
河原さんは、去年のゴスロリとはまた違う、インパクトをくれました。

宝塚出身の久世さんは、現役時代は男役?娘役?どっちだったんだろう?
発声が宝塚独特なのか、声のトーンや演技が真矢みきさんに似てる気がしました。凄く張りのある声で、通りが良いんです。

それに比べると、吾郎はまだまだだな。笑。喉を潰さないように頑張れ!

一幕開演前、席に向かっていたら関係者用ドアから出てきた男性がスタッフにトイレへ案内されてました。
チラッと見えた横顔で若手俳優だ!と思ったんだけど、名前が出てきません(>_<)
客電落ちてから入ってきた人が多分そうだと思うけど。
一体誰だったんだろう?

気になる(>_<)
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。